2017年6月29日 (木)

本当に出るのか、未だ信じられないけれど、、、

6月30日、XJAPANの21年ぶりのアルバムが発売される。
CDって1日前に店頭に並んでいたりするから、今日手に入る可能性が!!
当然出勤前にCD売り場を覗いてきます。
21年も待ったか・・・・長かった・・・っす。

2017年6月28日 (水)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 029 どちらに転ぶかギリギリ

お久しぶりです。

会社の設立記念日が近づいてきていて、そのお祝いのパーティーを企画中です。
が、勝手がわからず、サポートの先輩方もついてくれていますが、毎日不安です。
先輩方が頼りないのではなく、明らかに自分が劣っている、足を引っ張っている、迷惑をかけている、修正不可能なミスで大問題を起こすのではないか?という不安です。

うつ病になった時と多分同じ発想パターンです。
あの時は、気がついたら、死にたい死にたいと考えてるようになっていて、そこでこれはおかしい、思考が支配されているような感覚がある となったので、どうやって病気になって行ったかはわかってないのです。

でも、おそらく今回の話にあるように、劣等感や、プレッシャー、恐怖、が長い事続くと危険かもしれません。

でも、やられっぱなしで良いとは思っていないです。
同じ事を繰り返していては、意味がないからです。
いかにして再発しないか?も散々考えてきた事。
今、それをする時なのでしょう。

プレッシャーはあります。
かなりです。
重役をやらされている感覚はありません。
自分の居場所を作ってくれたこの会社のためになるのなら、少しでも力になりたい。
が、思ったように動けない、頭が回らない。
どうしたものか?

きっとこの山を越えたら見える景色があるような気がします。
何かが見えるんだろうという感覚があります。
踏ん張りどきですね。
しかし、再発しそう、しつつある、時に感じるであろう、あの嫌な感覚があったら、会社に話をする。
これは会社と決めた約束ですし、自分を守るためでもあります。
会社にはかなり迷惑をかけますが、また何年も人生がストップするのは避けなくてはなりません。

どうなるんだろう・・・・

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2017年6月22日 (木)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 028 集会に顔を出したら、質問会が始まった

行ってきました。
社会法人のアイネットという組織の、集会に。

会場に着いてでも、今日何が行われるのか?
何を聞かれるのか?
何を話せばいいのか?
さっぱり分からない状態での参加です。

時間の13時半になると、次々と人が集まってきて、15くらいある席が満席。
でも予想と反してました。
僕は、闘病中で、社会復帰になかなか進めない子達が来るものかと思っていたのですが、
会場に現れたのは、そのご両親たちばかり。
病気を体験したり、そこから治ったという人物は、この会場の中に僕だけという状況。

闘病中などの人間がこの集会に現れたのは数年ぶりだそうです。
そうだよね、勝手に病気持ちの子が来ると思い込んでいたけれど、
病人だったら出てこれないよね。

そして、メインは引きこもりや不登校の子のご両親の悩みについてが9割以上かな。
僕もぶぶ彦の散歩に朝夕外には出ていたけれど、それ以外は、ずっと横になっていたからね。
分からなくもないんですよ。
働けない事で自分を責めていたいり、このままで良いわけがないって、全て本人たちは分かっているはず。
ここに僕との共通点を見つけました。

一人一人、近況報告と先月の集まりから何が変わったか?
それを話して行きます。
僕は初参加ですし、元病人本人がかなり久しぶりに現れた。
みなさん興味津々です。

でもまずは自己紹介や近況報告をという事で、じっくり時間をかけて話して行きます。
1時間とか、もっとかもしれませんが、それくらいかけて全員の近況報告が終わりました。

そうなると僕に対して質問コーナーが始まり、
・嬉しかった事と嫌だった事はありますか?
・お小遣いをあげるから働かないという意見と、勝手に入ってくる金とは思わずに、感謝しているはずという意見が出たり
何かにつけて、僕に意見が求められました。
僕はそれは全く持って嫌じゃなく、僕の考え、感じて来た事、体験談を交えて、分かりやすく説明したつもりです。

僕の話をメモしている人もいたし、早退する人も僕には会釈をして帰るなど、結構皆さんの力や、面白い意見が聞けたと喜んでくれたようです。

まだまだ話したかった事はあるのですが、時間が来てしまい、ぷっつり終わりになってしまいましたが、
毎月この集会は行われているようなので、僕は参加するようにしたいと思っています。

そして、受け答え方や、僕の考え方を分析していたのでしょう。
アイネットの理事長(この集会を仕切っている人)は僕が受け答えする際、一切フォローや意見は挟んできませんでした。
こいつは、使えるだろうか? 質問に対して、きちんと話を答えられるか? 考え方が自分と近いだろうか?
自分の意見が言えるだろうか? などと見ていたはずです。

その無言のチェックに合格したのか?
それはわかりませんが、10月に80人以上の人が集まる集会があるらしく、
そこで僕と理事長、その他、社会復帰をした人?2人の計4人で、ステージなのか、やや高くなっていたりするのかな?
そこで、トークをしてほしいと。
公演じゃないですよ。 理事長と質疑応答をしませんか? という話が来たのです。
使えると判断してくれたようです。

やはり緊張は無し。
お役に立てるなら、なんでも話します。って感じです。

その質疑応答も、とつぜんのキラーパスが飛んでくるのではなくて、簡単な台本を作ってくれるようなので、
それを棒読みじゃなく、自然に会話すればいいだけです。

僕としては13年間の空白は無駄なことをしてしまった、人生の3ぶんの1、自室で過ごしてしまった。
という後悔はありましたが、それが無駄にはならず、他の同じ境遇の人の役に立つことができる。
13年は無駄ではなかったと感じています。

とりあえず、7月、8月、9月、と月一の集会には参加してみようと思います。
そして10月の大集会?に参加してみようと思います。

13年、後半は楽になっていったとはいえ、辛かったのですが、その経験が役立つ時がくるとはね。

僕は過去は変えられると思っています。
過去は変えられないです。
でも過去に起こったことの意味は変えられると思います。
つまり、13年は無駄だった ではなく、 人に気持ちがわかるようになった、とか、今回の僕なりのアドバイスを
伝える事が出来るのなら、13年は全く無意味じゃなかった。
過去は変えられないけど、過去に起こったことの意味を変える事はできる。そういう意味です。
あの時こうしていれば、、、誰もがある事。
でも、あの時があったから今の自分が形成されているのだと僕は思っています。

仕事との両立は大変かもしれませんが、別に月一で話を聞いたり、話したりできるのは、僕の心の整理にも
繋がってくるので、僕にとってもプラスです。
傷を舐め合うような事はしたくないので、半歩でも前進できるような事を話し合いたいと思っています。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。(^ ^)

2017年6月20日 (火)

ブブ彦日記 あれから1年

20170620_3ブブ彦が亡くなって、間も無く1年になります。

最近は、もらった帽子を小壺に乗せるという、あげた人からしたら怒ってしまうような事をやってますが、この帽子をかぶせると何ともほんわかするんですよね。
ブブ彦は本当にいい犬でした。
賢かった。
今引っ越したばかりだし、猫を飼う気にはなれません。
やはり僕は犬じゃないとダメなのです。
人様の家でみる猫は可愛いのですが、飼うとなると犬以外は考えられません。
犬の方が手間がかかるし、躾もしないといけない、散歩に行かないといけない、そもそも、今のアパートは犬禁止なので、飼う事は出来ないのですがね。
犬は良いですよ。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2017年6月17日 (土)

デジ物コバナシ 限度量に達し、チビチビと

引越しをしたわけですが、ネットの申し込みはしました。

が、最短でも2週間は待たされるのです。
スマホでテザリングをして、ネットに繋いでいたのですが、
その限度量の7ギガも使い果たしたようです。
7ギガ程度じゃ僕のネット生活では成り立ちません。
しかし、ネット開通は後1週間以上先。
超低速ネット生活は初めてなので、かなり不便す。
この文章もUPできるのかな?
チビチビと作業してます。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

«僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 027 独りの夜、追い込まれても平気