« あぁ、食い道楽 豆乳鍋は いかがなものか? | トップページ | あぁ、食い道楽 幸せの匂い »

2006年1月18日 (水)

開かずのタンス

自分が生まれる前から家にあるタンスがある。
引き出しに大きくミカンの絵が描いてあって、個性的で、僕のお気に入りだ。

しかし去年の秋頃から引き出しが開かなくなってしまって困っている。
引き出しの奥で洋服が挟まっているわけではなく、水分を含んでしまったのか、引き出し自体がまったく動かなくなっている。
これ以上空かない引き出しを増やさないように、取り出せる引き出しは床に置いているのだけど、散らかっているように見えて、なんとも落ち着きが無い。
洋服のやりくりは確保できた引き出しの中でやりくりしなければならず、3日もすると1周してしまい、いつも同じ服を着ているような気になってくる。

気温が暖かくなってきたら、開くようになるのだろうか。

« あぁ、食い道楽 豆乳鍋は いかがなものか? | トップページ | あぁ、食い道楽 幸せの匂い »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。