« こんな田舎でも | トップページ | あぁ、食い道楽 牛肉輸入禁止、そんなに困りません »

2006年1月24日 (火)

独り図書館 佐藤 秀峰 ブラックジャックによろしく 目をそらさないで

「ブラックジャックによろしく」 の最新刊を買ってきました。

この漫画との出会いは、たまたまコンビニで立ち読みをしていたときでした。
そこにはダウン症の赤ちゃんが描かれていました。
こちらをじっと見つめる赤ちゃんの瞳に、自分は少し怖くなって本を閉じてしまったことを覚えています。
後に、その漫画が 「ブラックジャックによろしく」 だという事、自分が見た話は、不妊治療と戦う夫婦と、障害を持って生まれてきた赤ちゃんの話だと分かりました。

この漫画は、多くの漫画のように、面白かったり、悲しかったりはしません。
ただ医者とは何か? 理想の医者とは? 医者はこうあるべき という主人公と衝撃的な医療の現実とのギャップが描かれています。

読むと心が痛み、いい気持ちにはなれない漫画かも知れません。
ですが僕は、この漫画で描かれている医療の現実から目を反らさないで、この漫画が完結するまで読むつもりです。

« こんな田舎でも | トップページ | あぁ、食い道楽 牛肉輸入禁止、そんなに困りません »

独り図書館」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。