« ブブ彦日記 水飲み → オナラ | トップページ | あぁ、食い道楽 味が変わる店 »

2006年5月23日 (火)

シネマごしっぷ 辛口映画評 ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コードを見てきました。
キリスト教の話なので、日本人には難しいかと思っていたのですが、予想したよりも謎解きは簡単でした。
ただ、謎解きを変な髪形のトム・ハンクスがスラスラと解いていくので、謎解きよりも追っ手から逃げる事に重点が置かれています。
また、キリスト教の歴史や、エピソードが出てくるので、キリスト教に詳しいに越した事は無いと思います。
ちょっと複雑な内容だったので、原作を読んでみて、復習しようと思います。

それと、トム・ハンクスと行動を共にする、オドレイ・トトゥは、アメリの印象とだいぶ違っていて、綺麗に見えました。
年齢が読めない顔をしているのですが、なんと27歳とのこと。
わからないもんです。

効果音にドキッとさせられる場所が数ヶ所アリです。
(5つ星中) 星2つ半

« ブブ彦日記 水飲み → オナラ | トップページ | あぁ、食い道楽 味が変わる店 »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。