« カタログマニア | トップページ | 肌寒い朝のこと »

2006年8月26日 (土)

たとえ1円だとしても

僕は500円玉が好きなんです。
金額の価値の話ではありません。
大きさ、重さの話です。
たとえ 500円玉が1円の価値しかないとしても、硬貨の中で一番好きという事です。

あの大きさ、重さがたまらないんですね。
なんというか、見ていると古代ローマの金貨を持っているような気がしてくるのです。
古代ローマも知らないし、金貨ももちろん知らないし、そんなもの無かったかもしれないけれど、僕の中では古代ローマの金貨なんです、500円玉は。
千円札1枚でくれるならば、5百円玉2枚の方がうれしかったりします。
重いし、でかいので、さすがに何枚もいらないけれど、財布の中に1枚は入っていてほしい1枚なんですね。

500円玉を愛する会があるならば、迷わず入っていることでしょう。
ビバ500円玉!!

« カタログマニア | トップページ | 肌寒い朝のこと »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おもしろい(^-^)古代ローマって言うのがいい!ちなみに今の私のお財布には500円玉が2枚入っています。将爺さんだったら嬉しいんだろうなぁ

実際は1円玉サイズのお金があったりするのだけど、きっと昔見たアニメのお金って、大きくて、黄色い金貨だった事が影響しているんだと思います。
それに一番近いのが500円玉なんだと思います。 たぶん。
自分でも何故なのかわかりません。

この記事へのコメントは終了しました。

« カタログマニア | トップページ | 肌寒い朝のこと »