« 独り図書館 佐藤秀峰 特攻の島 戦争を知らない世代とのギャップに衝撃 | トップページ | できないこともないのだが »

2006年8月 7日 (月)

落下 風呂場だったら

洗面所の窓から侵入し、頭から落ちた件ですが、今日になって肩が痛いことがわかりました。
折れてはいませんが、打ち身というのでしょうか。
触ると痛くなるし、場所も赤くなっています。
手首の捻挫は昨日よりは良くなってきていています。

進入したのが、洗面所だからよかったのですが、これが風呂場に入ろうとしていたら、浴槽の下まで落ちたわけでして、打ち身、捻挫ではすまなかったかもしれないと思うと、恐ろしくなってきました。

家には玄関から入りましょうということ、風呂場よりも洗面所に進入すること。
良い教訓になりまし。 

« 独り図書館 佐藤秀峰 特攻の島 戦争を知らない世代とのギャップに衝撃 | トップページ | できないこともないのだが »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41651/29740877

この記事へのトラックバック一覧です: 落下 風呂場だったら:

« 独り図書館 佐藤秀峰 特攻の島 戦争を知らない世代とのギャップに衝撃 | トップページ | できないこともないのだが »