« ワイン or ビネガー | トップページ | たとえ1円だとしても »

2006年8月26日 (土)

カタログマニア

物が欲しくなる。
いろんな物が欲しくなる。

デジカメ、HDDビデオ、カーナビ、実物大ヨーダの人形、欲しいものは、いくつでも出てきます。
僕は何を買うわけではないのに、電気屋内を俳諧するのが好きなんです。
例えば、我が家のTVはまだまだ現役ですが、
「今のTVは何が違い、何ができるようになったんだ?」
と情報を集め、途中経過を知って楽しむんですね。
「買わないんだから、そんなこと知っても無駄じゃん」
という声が聞こえてくるようですが、とにかく知りたくなるんですよ。
今日も電気店を一回りしてきて、デジカメ(デジカメは予定があるから良いとしても)、HDDビデオ、出番は来ないだろうと思われる、デジタルオーディオプレーヤー(ipodに代表される小型オーディオプレーヤー)までカタログをもらってきました。

今晩はこれらのカタログを眺め、お茶をすすりながら、ニンマリしていることでしょう。

« ワイン or ビネガー | トップページ | たとえ1円だとしても »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の父もカタログや新聞広告を見るのが大好きな人です。ちなみに私と母はあんまり興味がありません(;^^A 我が家の場合、男の人の方が商品説明などを見るのが好きみたいです。

取らぬ狸の・・・・・状態なんですが、”もし宝くじが当たったら””もし自分がTV番組に出たなら”なんていう想像と同じことなんだと思うんです。

だからもし買えるならばと想像を膨らますのが、楽しいんだと思うんですよね。

この記事へのコメントは終了しました。

« ワイン or ビネガー | トップページ | たとえ1円だとしても »