« まさ爺の建物探訪(4) 唐突に切り出されると | トップページ | ブブ彦日記 処分する者される物 »

2006年9月 5日 (火)

シネマごしっぷ 辛口映画評 スティング

20060905

スティングを見ました。
1973年の話で、僕はまだ生まれてません。
ロバート・レッドフォードとポール・ニューマンの2大スターが詐欺師に扮する話です。
誰でも聞いたことのあるテーマ曲はこの映画の音楽だったのかとやっと分かりました。
ブラッド・ピットとロバート・レッドフォードの若い頃の顔が似ていると言われていますが、確かに似ています。
アングルによっては、「お、ブラピだ。」というシーンもありました。

いかにして相手を騙すかの段取りを丁寧に描いているので、ちょっと長く感じました。
早く大逆転の詐欺を見たいという気持ちの方が大きくなってじれったくなってしまいました。

(星5つ満点で)星2つ半 です。
まぁまぁ面白かったです。
テーマ曲だけを聴くだけでも、一見の価値はあると思います。
ああ 知ってるこの曲って言うと思います。

« まさ爺の建物探訪(4) 唐突に切り出されると | トップページ | ブブ彦日記 処分する者される物 »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。