« ゲームしてみる? リズム天国 | トップページ | ブブ彦日記 E.T. »

2006年9月17日 (日)

シネマごしっぷ 辛口映画評 電車男

20060917早朝5時に目を覚ましてしまって、それからパソコンで録画しておいた”映画版、電車男”を見ました。
僕の場合、電車男はドラマ版を先に見ていたので、2時間の映画版は展開が速すぎるなぁというのが最初の印象。
電車男の面白さは、主人公が頑張るところもそうなのですが、アドバイスをしてくれるネットの住人達とのやり取りが面白いと思っていたので、映画版はあっさりしすぎると思いました。
逆に映画版を先に見ていたら、ドラマ版は必要の無いところまで描かれていて、うっとおしく感じていたのかもしれません。

主人公の電車男は、映画版、ドラマ版も同じくらいに描かれているのですが、エルメスは映画版の中谷美紀の方は言葉遣いも品があり、主人公を受け止めてくれる雰囲気があって、魅力的でした。
実際のエルメスさんは、中谷美紀に似ているという事から配役が決まったそうです。
有名な話なので、展開はわかっているのですが、自信がもてない電車男の頑張りは、自分と重なってしまい、ついつい応援したくなってしまいました。

(星5つ満点で)星2つ半です。
だれにでも楽しめる作品ですが、もう少しじっくり描いてくれてもよかったように感じます。

« ゲームしてみる? リズム天国 | トップページ | ブブ彦日記 E.T. »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。