« ブブ彦日記 富士丸な日々 | トップページ | ブブ彦日記 散歩よりも昼寝 »

2006年10月 3日 (火)

すばらしき茨城弁 あ

一日に何度もネットで辞書を引くと書きましたが、書こうとしている言葉が標準語なのかどうかを調べることが結構あります。
日本中の人がブログを読むわけですから、言葉が通じないのは問題があるわけです。
そこで、その都度これは標準語か?と調べる前に、逆に茨城弁はどれかを調べてしまおうと思ったわけです。
さっそく茨城弁で検索してみると、結構な数のHPが表示されました。
(どんな事でもまとめている人っているんですね。)
すばらしき茨城弁は、毎週火曜日の18時にUPします。
是非見に来てください。

第1回の今日は、”あ”で始まる言葉です。
んじゃぁ~はりきって行ってみっぺ
・青なじみ
  青あざ、青たん。

・赤茄子
  トマトの事。

・あきれる
  飽きる事。
  呆れてものも言えないとは意味が違う。

・あげる
  (宿題、レポートなどを)提出する。

・頭を切る
  髪を切る事。

・あぢい
  暑い、熱いの意味。

・あつこい
  厚い、分厚い事。

・あっぺ
  ダメ。汚い。
  子供に対して大人が使う。

・油
  ガソリンの事。
  「ちょっくら油入れに行ってっくっから」などと使う

・あよ
  ねえ、おい などの意味。

・あんべ
  塩梅、加減。

・あんべわりぃ
  不都合、具合が悪い。

・あんめ
  無いだろうの意味。
  「そうじゃあんめよ」そうではないだろうなどと使う

あげる、あよ、あたりは小さい頃は普通に使っていたなぁ~
標準語だとは思っていなかったけれど、使われても違和感は無い。
茨城色に染まっているようです。

« ブブ彦日記 富士丸な日々 | トップページ | ブブ彦日記 散歩よりも昼寝 »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。