« あぁ、食い道楽 憧れの○○ | トップページ | すばらしき茨城弁 こ »

2006年11月21日 (火)

ドナドナ

20061121人それぞれ音楽の好みはありますが、僕の場合は”泣き”の音楽が好きです。
僕が勝手に呼んでいる泣きの音楽とは、悲しげな曲のことです。
XJapanが好きだったのも、やっぱり曲が悲しげだからなのです。
Xと言えばバラードばかりに目が行きがちですが、激しい曲もテンポを落とすだけで、美しい音楽になってしまう程、メロディアスな曲ばかりなんですよね。
そういう意味で言ったら、坂本龍一さんが作る曲も仲間に入ると思います。
代表的な”戦場のメリークリスマス”やYMO時代の”ライディーン”なども悲しげですよね。
そうそう、ドナドナも泣きの音楽ですね。
悲しくて好きですよアレも。
(ドナドナは悲しすぎるか・・・・・)

« あぁ、食い道楽 憧れの○○ | トップページ | すばらしき茨城弁 こ »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。