« ブブ彦日記 あばれ豚 | トップページ | 恐怖のメガネ »

2007年2月27日 (火)

すばらしき茨城弁 ふ

前回の”ひ”に続き、今回は”ふ”です。
何が飛び出すかな

・ふうげ
  呆け、行方知れず。

・ふだ
  水などが満タンになること。

・ふったける
  火をつける
  「これじゃふったかんねえべ」(これじゃ火がつかないよ)

・風呂おろす
  風呂に水(お湯)を入れる。
  屋根の上にある太陽熱で水を温めるから、
  一階にあるお風呂へ水を降ろす」というところから来ているらしい。

・ふんます、ぶんまーす
  振り回す
  「ふんますとあぶねえよ」(振り回すと危ないよ)

・ぶきっちょ
  不器用な事。

・ぶちまわす、ぶちまーす
  ぶちのめす

・ぶっこまる
  はまり込む
  「車が田んぼにぶっこまっちった」(車が田んぼにはまってしまった)

・ぶっつぁける
  破れる
  「すっころんで、ぶっつぁけちった」(転んで破れてしまった)

・ぶつ
  うどん、そばなどを打つこと。
  うどんぶち、そばぶち
  または、田畑に肥料をやること。肥やしぶち

・ぶんながってる
  無造作においてある(放り投げられた)状態。

・ぶっちゃす
  押し潰す事。

« ブブ彦日記 あばれ豚 | トップページ | 恐怖のメガネ »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。