« デジ物コバナシ ビスタ最高~ ムフフ | トップページ | デジ物コバナシ 指紋登録 → 犯罪者!? »

2007年2月18日 (日)

短針と長針の詩

僕は文章を書くことが苦手です。
前に書きましたが、小学校の頃作文が書けなくて、先生に提出するのはいつも最後でした。

わら半紙に子供達が書いた詩を印刷して、親に見せようとした話があったのですが、その時も僕の提出が遅れに遅れ、家に帰って数時間紙を見つめていました。
「そんな事やらせるなよ、詩なんて書けるかよ」と強く思っていたのを覚えています。

何時間たっても書けず、最後はもうどうにでもなれと、キレ気味で書きました。
時計の短針と長針の追いかけっこに見立てて書いたんです。

かなり追い込まれて書いたのに、先生の反応は微妙だったような・・・・・
今でも追い込まれないと書けないのは変わっていませんね・・・・・

« デジ物コバナシ ビスタ最高~ ムフフ | トップページ | デジ物コバナシ 指紋登録 → 犯罪者!? »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。