« 似てる・・・ | トップページ | ダイエット奮闘記、第2部 濃い人々 »

2007年5月12日 (土)

シネマごしっぷ 喫煙シーンがレイティング対象に

アメリカ映画協会は、これまで以上にタバコの喫煙シーンが、レイティングを決定づける大きな要素になると発表したようです。
アメリカ映画協会は、未成年者の喫煙シーンを好ましくないものとして厳しいレイティングの対象にしていましたが、これからは大人の喫煙も同様に扱われるそうな。

「麗しのサブリナ」(54)では魅力的だった喫煙シーンが、リメイク版「サブリナ」(95)からすっかり消えているように、映画からタバコの描写がなくなっているのも事実。
カッコよくタバコを吸う映画スターは今後生まれないんでしょうね。
悪役ですら、吸ってないもんなぁ~。

« 似てる・・・ | トップページ | ダイエット奮闘記、第2部 濃い人々 »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。