« ブブ彦日記 お腹スースー | トップページ | ブブ彦日記 明日の撮影に備えて »

2007年8月29日 (水)

シネマごしっぷ ルーカスの戦争映画

20070829「スター・ウォーズ」のジョージ・ルーカスは、長年温めていた戦争アクションアドベンチャーの新作企画「レッド・テイルズ」の脚本家として、「Uターン」「スリー・キングス」「アンダーカバー・ブラザー」の原案・脚本を手掛けたジョン・リドリーを雇ったらしい。

同作は、第2次世界大戦中に数多くの戦果を上げたアフリカ系アメリカ人による米空軍戦闘機パイロットを描く物語。
飛行訓練学校のあった地名に由来して“タスキージ・エアメン”と呼ばれた彼らの活躍を描くようだ。

リドリーがスパイク・リー監督のために書いた新作ドラマ「L.A.Riots」の脚本を読んだルーカスは即座に脚本家として雇ったのだという。
リドリーは今も達者な元“タスキージ・エアメン”から貴重な証言をもらっているらしい。
監督は未定だが、原作・製作総指揮はルーカスで、プロデュースはリック・マッカラム。
映画の見どころとなる空中戦の特撮はILMが手掛ける。

« ブブ彦日記 お腹スースー | トップページ | ブブ彦日記 明日の撮影に備えて »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。