“裏” あぜ道通信

  • 偉大なマスター
    ブログ本文には載らない、没写真、ひっそりとUPします。 ネタ晴らし、舞台裏、そういうの、欲しいでしょ?
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« デジ物コバナシ ADSL と おにぎり | トップページ | 爺の小遣い倍増計画 ビビリー、度胸無し »

2007年10月14日 (日)

僕と うつ病、闘病記 2007年8月、就職活動再開

2007年8月 ハローワークで求人チェックしていると、自分が住んでいる近所にプログラムの仕事がある事を発見!
SEやプログラマーの仕事が、こんな田舎の町にあること自体が驚き。
プログラムの仕事のほとんどが筑波学園都市に集中していて、そこまで車で1時間以上走って出勤しなければならないのです。
ですから自転車で通えるほどの距離に、このての仕事があるなんて、何かの間違いではないかと、何回も求人情報を読み返してしまいました。

コンピューター関連の仕事をまたやると、うつ病が再発する危険もあります。
しかし、もう一度同業職にチャレンジしたいという気持ちがあったので(SEの仕事を辞めなければ良かったと思っているので)面接を受けてみようかと思っています。
このことはやんちゃ鬼嫁に相談し、検討してみます。

それにしても求人情報の広告や、求人雑誌を見る事も(触ることも)できなかった時期があったのに、何も無かったようにハローワークに行けるという事は、それだけ病気が治ってきているという事なんだと思う。
自分でも驚いてしまったよ(笑)
今度病院に行くときは、先生に社会復帰するとき、バイトなどの助走期間を設けずに、いきなり正社員になる事をしても大丈夫かどうか聞くつもりです。

仕事に就き、社会復帰できるのかは自分でも分かりません。
でもやるだけやってみます。
採用されなかったとしても、求職活動ができただけでも一歩前進です。
焦らずやってみようと思う。

« デジ物コバナシ ADSL と おにぎり | トップページ | 爺の小遣い倍増計画 ビビリー、度胸無し »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。