« ブブ彦日記 闇に溶け込む黒子豚 | トップページ | シネマごしっぷ クルーにーの彼女、女優の才能があり? »

2008年1月 6日 (日)

僕とうつ病、闘病記 少なくなる選択肢

ハローワークのHPに行き、茨城県と栃木県の求人情報を見ることが日課になっています。
車で一時間以内に行ける範囲で、プログラマーの仕事を探しています。

爺さんが働けないことで、家族には迷惑ばかりかけているので、なんとか仕事に就いてやりたい。
できることなら、またコンピューターに関わる仕事をやりたいと思っているのですが、病気になった時のようにまた再発(否、治ってないから悪化か)する可能性もあるんだろうね。
悪化しない事を最優先に仕事を探すならば、コンピューター関連には就かない方が良いに決まってます。
病気が発症し仕事ができなくなったのか、仕事ができないから病気になったかは分かりませんが、あの業界は避けた方が無難なんだと思う。
でも、コンピュータの仕事は楽しいし、やりがいもあります。
なにより、やり残した事が沢山あり、悔いが残っています。
病気が治ったら、もう一度チャレンジしてみたいという気持ちが強いんです。

病院の先生の考えは、とりあえずバイトから始めた方が良いとのことです。
バイトから始めてもいいのですが、もう年齢が30歳越えですから、どんどん選択肢が減ってきているのが、求人情報を見ると良く分かるんですよね。
だから、少し焦っています。
多少無理しても、病気が悪化したとしても、フルタイムの仕事に就いたほうが良いのではと考えています。
「いや、僕の体調は良いから、バイトでなくても大丈夫だ」と自信をもって言えればいいのですが、そう言えない状態だと身体が言っているのがわかるので、悩むところであります。
この件については、じっくり考えてみたいと思います。
( ̄~ ̄;)

« ブブ彦日記 闇に溶け込む黒子豚 | トップページ | シネマごしっぷ クルーにーの彼女、女優の才能があり? »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。