« シネマごしっぷ ディソン、DBの出演こ断っていた | トップページ | ブブ彦日記 引き離さんといて・・・ »

2008年1月10日 (木)

シネマごしっぷ アメリカ版着信アリがショボイらしい

20080110

Jホラーの着信アリのリメイク「One Missed Call」がクリスマス後にひっそりと公開された。
以下にその口コミを書かせてもらう。
演出は退屈だし、演技は精彩を欠き、脚本の出来も悪いらしいです。
おまけにPG-13指定ということは、大してショッキングでもない。
日本版の作品にはブラックユーモアや荒唐無稽さといったスパイスが効かされている。
ところが「One Missed Call」には何のひねりもなく、話の筋はすぐに読めてしまうし、幽霊たちときたら、その辺の店で調達したハロウィン用の衣装を着ているのかと思うほど。
ラストのちょっとしたどんでん返しは悪くないが、そこにいたる伏線が描かれていないため、満足と言うにはほど遠い。
Jホラーブームのきっかけとなった「リング」に言及したと思われるシーンもお粗末なものだった。
確かにまったく話題にものぼらないし、公開されることすら知らなかった・・・
このまま、何も無かったかのように消えていく作品になりそうです・・・

« シネマごしっぷ ディソン、DBの出演こ断っていた | トップページ | ブブ彦日記 引き離さんといて・・・ »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。