“裏” あぜ道通信

  • 偉大なマスター
    ブログ本文には載らない、没写真、ひっそりとUPします。 ネタ晴らし、舞台裏、そういうの、欲しいでしょ?
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« あぁ、食い道楽 ダイエット春巻き | トップページ | 爺の小遣い倍増計画 塩漬け株の行方 »

2008年1月27日 (日)

僕とうつ病、闘病記 新聞に載っていたやり方を実践してみる

新聞に興味深い記事が載っていた。
沖縄にある、とある施設で行われている、うつ病患者の社会復帰プログラムだ。
うつ病は再発率が非常に高く6割の人が再発し、社会復帰をしてもまた休職扱いに戻るというケースが非常に多い。
しかしその沖縄の施設を出た人は9割の確立でしっかりと復帰をしているという。
そこで何をしているかについても書かれていたのだが、ある事が起きると、マイナスに捉えてしまいがちです。
そこまでは、どのうつ病患者さんも同じだと思います。
その気持ちの変化を書き記すのだそうな。
そこまでならば、自分は何年も前から日記の病気の欄に毎日書いている。
そこからが面白いのだが、さらに、客観的合理的に考えたとするとどう考えを変えたらよいか?という所まで患者に書かせるそうな。
○○が起きて自分の責任だと思ってしまうとしたら、
これは避けようが無かったことだから、自分のせいではない。 とか
これは次回に対応できるように勉強になった。 とか
周りの人は自分が思っているほど、責めていない とか非常に合理的な考え方の癖を付けさせるのだそうな。
患者さんたちは、ジョジョのその方法を受け入れ、ストレスに対処する、または軽減する方法を身につけていくらしい。
この方法は自分でも取り入れてみようと思った。
やはり性格を変えないと再発するんだと思います。
簡単に性格が変わるならば、病気がこれほど長続きしていないとも思いますが、やれるだけやってみますね。

« あぁ、食い道楽 ダイエット春巻き | トップページ | 爺の小遣い倍増計画 塩漬け株の行方 »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。