« モーさん、無駄無駄無駄ぁぁ | トップページ | やめ時がありません »

2008年2月27日 (水)

シネマごしっぷ 07年度ラジー賞発表

アカデミー賞の結果よりも、こちらの方が楽しみだったりするラジー賞が発表された。
ラジー章は、その年の最悪”だった作品・俳優が選出される賞。

06年度エディ・マーフィが、主演作のコメディ「マッド・ファット・ワイフ」でラジー賞で8部門の候補になり、マーフィはたった1人で5部門の候補(ラジー賞新記録)になっていたが、惜しくも最悪主演男優賞、最悪助演男優賞、最悪助演女優賞の3冠に留まった。

一方、「90年に最悪作品賞を受賞した『ショーガール』以来の“脳なし映画”」と酷評されていた、リンジー・ローハン主演のサスペンス映画「I Know Who Killed Me」が、9部門ノミネート中、ローハンの1人2役による2つの最悪主演女優賞と最悪スクリーンカップル賞の3つに加え、最悪作品賞、最悪監督賞、最悪脚本賞を含む8冠(ラジー賞新記録!)という“快挙”を成し遂げた。
過去の記録は「ショーガール」「バトルフィールド・アース」の7冠が最高だった。

ちなみに、全米の映画評論家の批評を集計するMetacritic.comで、「I Know Who Killed Me」は100点満点中16点、「マッド・ファット・ワイフ」は27点。
なお、かつて「キャットウーマン」で最悪主演女優賞を受賞したハル・ベリーを呼んだように、ローハン、マーフィのマネージャーに連絡を取ったが、当日2人は現れなかった。
当然か・・・(笑)

« モーさん、無駄無駄無駄ぁぁ | トップページ | やめ時がありません »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。