« シネマごしっぷ シュワの後釜 | トップページ | 僕とうつ病、闘病記 自縄自縛 »

2008年2月16日 (土)

シネマごしっぷ インディー予告編の感想

20080217公開されたばかりのインディージョーンズ最新作の予告編をダウンロードしました。
前半はこれまでの3作のシーンが映りおさらい。
後半になってやっと最新映像が流れます。
以下、下手ではあるが、状況を書いていきますと・・・

シーン1、一人の男が車から引きずり出される。
疑いが晴れたのか、下に落ちているトレードマークの帽子をやれられだと拾い上げる。
車に影が映り、帽子をかぶったインディーのシルエットに。
その後インディーの顔がついに映るが、思ったほどハリソンは老け込んではない。
シーン2、木箱が詰まれた倉庫内を走るインディー。
少し薄暗く、どこまでも木箱が積まれている。
(まさかここはレイダースのラストシーンの倉庫? 非常にそれっぽい)
シーン3、崖の側を併走する2台の車、崖側がインディーが運転する車。
もう一台がインディーの車に体当たりをして、車を落とそうとする。
シーン4、倒れていた柱が立ち上がり、柱の下にある砂がアリ地獄のような状態になり、そこれ吸い込まれていくインディーたち。
シーン5、「Farstar move!」と叫びながら、階段を駆け下りるインディー。
シーン6、「What's is that?」とインディーがポツリと言うと画面に「MAY 22」と表示され予告編は終了。

まず誰もが気になるのが、ハリソン・フォードが高齢になってしまったが、インディー役をやれるのか?ということ。
それは心配なさそうです。
初めてハリソンを見た時に一瞬老けたかと思いますが、すぐに気にならなくなる程度。
アクションシーンも頑張っているようです。
また、デジタル技術がこれだけ進歩した現代では、CGばかりになってしまい、ハムナプトラ状態になるのかと心配しましたが、アナログなアクションシーンは健在。
ちょっと安心しました。

まだ、あの倉庫かどうかはわかりませんが、レイダースのラストシーンが大好きなんですよね。
えぇ~トップシークレットがこんなにあるんかい!というXファイル的な終わり方がなんともいえないんですが、またあの倉庫が見れるのかと思うと(自分の中ではあの倉庫だと決定w)かなり楽しみです。

爺さんの下手な解説よりも、とにかくダウンロードして見てみるのが一番だと思います。
見てください。
見ないといけません。

« シネマごしっぷ シュワの後釜 | トップページ | 僕とうつ病、闘病記 自縄自縛 »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。