« 僕とうつ病、闘病記 出来かけの唄 | トップページ | シネマごしっぷ 1年半待ち、長い »

2008年2月25日 (月)

シネマごしっぷ ウィル勝訴

20080225ロンドン高等裁判所は、ウィル・スミスが、あたかもスミスがヒトラーを善人と称したかのような記事を配信したロンドンの通信社を相手取り、謝罪と損害賠償を求めていた訴訟に関して、スミス側勝訴の判決を言い渡した。
発端は、スミスのインタビュー。
それを、ロンドンを拠点にする通信社WENNが曲解した形で記事にし、「ヒトラーは善人、ウィル・スミス語る」という見出しを掲げて世界25カ国の1000以上のメディアに配信したもの。

今回の記事は、実際にはヒトラーを「極悪で卑劣」な人物と見なしているスミスに甚だしい苦痛と困惑をもたらしたとスミスの弁護士は語っている。
すでにWENN側も不正確な情報を流したことを認め、謝罪のコメントを発表した。
なお、損害賠償の額は明らかにされていないが、ほぼ全額が慈善団体に寄付されることになっている。

« 僕とうつ病、闘病記 出来かけの唄 | トップページ | シネマごしっぷ 1年半待ち、長い »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。