« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の23件の記事

2008年3月31日 (月)

僕とうつ病、闘病記 体長が悪い日

毎週日曜の23時に更新してきた「闘病記」ですが、月曜の夜になってしまいました。
今週は更新がなくて、体調でも悪いのかと思われているかもしれません。

今日はちょっと体調が悪かった。
いつもなら、死んじゃおうかな と思うくらいなのですが、今日は「よし死のう」と衝動的でした。
死にたいけれど、借りてきたDVDを返しに行かなくちゃ とも考えていて、ここで生きるのをやめようと考える反面、DVDの延滞料を払うのはいやだと、明日以降のことも考えています。

もう一人の人格が自分の中にはいて、それが前に出てくると死のうと考えるようです。
この人格は消えるのか 自分でもわかりません。

2008年3月28日 (金)

アンドウ君

20080329heroes 24に始まった、アメリカドラマブーム(ツインピークの波には乗り遅れ、Xファイルは途中で断念)
その後LOSTやプリズンブレイクが続き、今一番話題になっているドラマがあります。
ヒーローズです。
レンタル開始から少したっているのですが、やっと借りてきました。
本当はLOSTのシーズン3を見たかったのだけど、未だに人気で借りられない・・・
今日は気分を変えて、ヒーローズ。
3つ4つの話が同時進行し、その話が交わっていきます。
まだ、目覚めた人たちを描くだけで、話の目的がはっきりとしてないですが、いずれ同じ方向に進むのでしょうね。

このドラマで人気になった”ヒロ”。
いい味だしてます。
相方の”アンドウ君”の日本語にも(字幕で見てます)爆笑。
文章は正しいけど、あきらかに発音が変w
あんた日本人じゃないっしょw

シネマごしっぷ ゴージャス映画館

20080329チケット代35ドル(約3500円)!!!
高級映画館Gold Classでの金額です。

ビレッジ・ロードショーが運営する同チェーンがついにアメリカに進出、今年中にシカゴ郊外に1号館をオープンさせることになった。
総予算2億ドルで、今後5年間で全米に50館を展開する予定だという。

売り物にしているのが、指定席制の豪華なシートや特別な駐車設備、そしてウェイターが対応する座席での食事とドリンクのサービス。
高級感と、最大で40席というプライベート感を強調している。

映画館での食事は、やめてほしいなぁ。
飲み物はいいけど、食べるとなると、どうしても音が出ますからね。
いい映画でも、ポップコーンをあさるカサカサって音でも嫌なくらいですから・・・
シートがいいのは賛成です。

8時20分の謎

8時20分に目が覚めます。
目覚ましはかけてないし、この時間にサイレンが鳴ったりすることもない。
面白いことに、何時に寝ても8時20分に目が覚める。
睡眠時間が8時間だろうが、3時間だろうが、かならず8時20分に起きてしまう。
最初は面白がっていたのですが、最近はこの時間に何か意味があるようで、気持ち悪い・・・
何かのメッセージ、意味があるのだろうか・・・
怖いです。

2008年3月27日 (木)

ブブ彦日記 デヘヘ爺さんと後ずさりする犬

20080327 セントバーナードに会いました。
たっぷりお肉がついたホッペがたまらんのです。
ブブ彦が近付くと、後ずさりしてしまい、絡みは一切無し。
ブブ彦が積極的すぎるらしく、どの犬に会っても、いつも嫌がられる。

では、次は爺さんが遊ぶ番だと近づくと、またも後ずさりするバーナード・・・
どうやら、ブブ彦の臭いがついた服が嫌らしい。

しょうがないので、写真だけ撮らせてもらいまいした。
あぁ、ほっぺの肉をひっぱりたかった・・・

2008年3月25日 (火)

シネマごしっぷ 皇帝キタァーー

20080325_2

インディージョーンズの公式サイトに新しい映像が追加されていました。
今回はマット・ウィリアムズ役のシャイア・ラブーフのアクション編。
ハリソン・フォードをバイクの後部座席に乗せて2人乗りするシーンに始まり、撮影前のチャンバラのトレーニングなどが披露されている。
ラブーフはナイフ投げの名手のようにナイフを自在に扱ったり、黒の革ジャンを着たまま川の濁流に呑まれたりと、冒険活劇「インディ」シリーズにふさわしい活躍が期待できそう。

また、公式サイトの「キャスト」欄に、「スター・ウォーズ」シリーズの“皇帝”こと、イアン・マクダーミドの名前が出て、レビ教授を演じることも分かった。
(皇帝キタァァァ 歓喜)
実はマクダーミド、TVシリーズ「インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険」中でも同じレビ教授役で出演しており、それが正式に発表されたのだ。
同様に、かねてから噂になっているようにジョン・ハートがアブナー・レイブンウッド博士を演じることも「キャスト」欄で発表された。

スピルバーグ&ルーカスは以前から「意外な人がカメオ出演する予定」と話しており、このマクダーミドのレビ教授以外にも、TVシリーズも含めた全部のエピソードゆかりの驚くようなキャラクターが登場するかもしれない。

個人的には皇帝役のマクダーミドがインディに出るとわかり、大喜び。
レイダースのラストシーンの倉庫もでるし、シリーズで一番好きなヒロインのマリオンも出るので、かなり期待しています。

公式ページでは、すでにカウトダウンのタイマーが動いていて、公開まで57日だそうです。
早く見たいです(涎)

2008年3月23日 (日)

僕とうつ病、闘病記 離婚することになりました

やんちゃ鬼嫁と離婚することになりました。
一番の理解者に、ついに見放されたという気持ちもありますが、今は鬼嫁が幸せになる最良の方法を考えることにしました。
細かい話には至らなかったので、まだ離婚するという方向しか決まってません。
薬を飲んでいても死んで消えたいと考えてしまうのですが、それだけはやらないように我慢するようにしています。
離婚することでできることも増えるので、プラスに考えるようにしたい。

2008年3月22日 (土)

ブブ彦日記 犬パンチ

20080322いつものようにブブ彦のオケツをかいてやるやると、うっとりしている。
かいている手を止めると、「もっとやれ」と催促。
この催促方法なんですが、お手をします。
お手と聞くと、忠犬が手を差し出すイメージがありますが、この犬の場合それはパンチに近い。
明らかにド突く動きだし、力があるからパンチが重い。
爺さんが横になって、てきとーにかいていると、それが気に食わないのか、爺さんの顔面めがけてパンチを繰り出す。
猫と違い、犬は爪を仕舞えませんから、痛い。
他の催促方法を教えたいが、どうしたものか・・・

不吉なトランクス

お気に入りのトランクスが破れた。
爺さんの好きなオレンジ色で、はき心地も良い。
そのトランクスだけは、他のトランクスとは何かが違う。
きっとこれだけ高かったに違いない。

じつはトランクスが破れるのは初めてではない。
太ったことで、ゆとりが無くなり、しゃがんだ時などにお尻の辺りが破けるのだ。
しかし今回は違う。
体の横の部分、腰の辺りが破けたのだ。
どんな姿勢になっても、その場所が破れることはあり得ない。

ドラマなどで、たまに目にしますが、何か不吉なことが起こる前に靴ひもがほどけるってやつがあります。
トランクスが破れても、不吉なことが起こるような気がしてならない。
が、何も起こらない日が続いています・・・
('~')

2008年3月21日 (金)

今、のど自慢が熱い

ブログの更新をしばらくやっていませんんでしたが、とても元気です。
他にやることができたのですが、爺さんは2つの事を同時にできない人なので、ブログにまで手が回りませんでした。
さて、NHKで放送されたのど自慢全国大会を見させられたという話を少々。
何故に今のど自慢を見るのかまったくなぞですが、両親が言うには「全国大会なのだから、上手い人たちばかりだろう」と言っていました。
強制です。
チャンネルを変えることは無理でした。
さすが全国大会だけあって、皆さんうまいのですが、見ていてこの人たちは日本人なのだろうか?という思いが出てきた。
僕の中でアメリカ人というのは、長所を自らアピールする人種だと思っているのですが、まさにこののど自慢大会に出てくる人が僕のもつアメリカ人と同じ人種に見える。
満面の笑顔で歌う人、夫婦で歌う人、友人と歌う人。
日本人にもこういう人間がいるのだと、妙に感心したのです。
そんなことを考えていたので、歌は全く耳に入ることもなく、のど自慢大会は終了したのでありました。
でも年齢不詳のおっさんが学ランを着て歌うのはどうかと思うぞ。

2008年3月17日 (月)

僕とうつ病、闘病記 遠くの先生にする理由

まさ爺が通っている病院は、家から車で1時間かかる場所にあります。
家から10分もかからない場所にも、病院があるのですが、そこはかなり問題がある。
ろくに話も聞かず、その人に合う薬を探そうとしないし、先生が病人のように暗い。
最近その先生が変わったらしい。
やっと変わったかという感想です。
いい先生に巡り合うか。 それは病気を治す重要なポイントです。
その暗い先生のところに通い続けていたら、もっと悪くなっていただろうし、多分自殺してたと思う。
今の病院に行くのは大変だし、人気でかなり待たされることになりますが、病院を変えるつもりは無い。
病院まで遠いし、待つのが大変だと先生に言うと、家から近くにある病院に行くか?と言われた。
慌てて、いや、この病院じゃないとダメなんですと言いました。
また変な先生に診られるかもしれないし、また薬を変えられたりするのは、まずいです。
いい先生に出会う事は、ホントに重要だと思う。

2008年3月14日 (金)

シネマごしっぷ DB、日本先行公開

鳥山明の同名人気コミックをハリウッドで実写映画化する「ドラゴンボール」が来年3月、世界に先駆けて日本公開されることが決定した。
3月11日、配給元の20世紀フォックス映画が発表したもので、全米公開は来年4月3日の予定。
当初は今年8月15日全米公開の予定で製作が進められていた同作だが、先日、製作を手がける米20世紀フォックスが09年公開に延期と発表したばかり。

まぁ、延期しようが何をしようが、酷評を浴びること、間違いなしの映画。
逆に見てみたくなってくる。
ピッコロ大魔王がどのようになるかが、気になる。

俺のパソ塊 脂は関係ない

母に爺さんのパソコンを使わせるときが、たまにあるのですが、爺さんのパソコンはノートパソコンです。
別売りのマウスは使っていません。
キーボードの下、中央にタッチパッド?がありますよねノートは。
マウスがないので、それを使わないといけねいわけですが、母はこれが使えない。
ずっとマウスを使ってきたから、すぐに使いこなせないのはわかる。
ただし、その言い訳があやしい。
「手の脂が無いから操作できない」と言うのである。
脂は関係ない。
潤ってる皮膚よりも乾燥していた方が操作しやすそうだし、パソコンにも優しいはず。
しかし母は、爺さんのパソコンを使うたびに、この言い訳をする。
「爺さんも歳をとったら、わかるようになる」とまで言う。
いや、年齢や体質は関係ない・・・
何度言っても、”脂”がと言われる・・・
脂は関係ない・・・

2008年3月13日 (木)

ブブ彦日記 ブブ彦暴走

Img_0225ブブ彦の散歩コースの土手。
いつよもようにブブ彦のリードを外したら、土手をかけ下り、近くにあった家の庭に飛び込んで行きました。
どうやら猫がいたようです。
慌ててブブ彦を追いかけて行くと、その家の主人が出てきました。
すぐに謝り、ブブ彦をリードにつなげて、また謝って庭を出たのですが、その主人は怒りが収まらないようす。
主人からずいぶんと離れたのですが「どこの人間だ?」などとこちらに怒鳴ってました。
こちらに非があるのは承知ですが、何度も謝った。
後になって聞いたところ、変わり者で有名な人だったらしい。
リードを外すときは、よく周りを確認するようにします・・・
o(TヘTo)

2008年3月12日 (水)

シネマごしっぷ 伝説のおバカ映画、リメイク決定

史上最低のおバカ映画の誉れ高いカルト・ホラー映画「アタック・オブ・ザ・キラートマト」が再びスクリーンに戻ってくるらしい。
1978年に製作されたオリジナル版の脚色にあたるのは、インターネット上で人気の短編ビデオシリーズ「Ask a Ninja(忍者に聞け)」の生みの親であるケント・ニコルスとダグラス・サリーヌ。
今回のリメイク版で監督デビューを果たす予定のニコルスは、「『アタック・オブ・ザ・キラートマト』は一時代を築いた傑作。
僕らがあのマジックを再現できることを願うよ」と語った。
プロットに変更が加えられるかどうかは明かされていないが、基本的にはまた巨大殺人トマトと人類との戦争が描かれるものと思われる。
8000万回以上のアクセスを誇るニコルスとサリーヌの「Ask a Ninja」シリーズは、2006年のユーチューブ・ビデオ・アワードのベストシリーズ賞を受賞している。
ちなみに、オリジナル版の続編「リターン・オブ・ザ・キラートマト」(88)にはジョージ・クルーニーが出演していたことでも有名だ。

2008年3月 9日 (日)

僕とうつ病、闘病記 吐き気とデブ、どっちを選ぶ?

体重が5kg減っていた。
おそらく更に減りそうである。
こう書くと”ダイエット奮闘記”のようですが、痩せた原因が悪い。
まず、薬が無くなってしまい、飲んでない状態が続いたこと。
薬の副作用で太ってしまったわけですが、薬を飲まないことで、太る原因がなくなりました。
次に、薬を飲まなくなった事で、吐き気などが現れ、食事を取らなかったこと。
これであっという間に5kg減ったわけです。
毎日吐き気と気だるさが続くのは、辛いもんでした。
また薬を飲むようになったので、すぐに体重は戻り、デブまっしぐら。
とならないようにしたいが、太らないようにするのは難しいかなぁ・・・
デブになるのと、吐き気におそわれるのを比べたら、デブになった方がマシです。
あの吐き気は本当につらい(笑)
ちゃんと薬を飲みます・・・

2008年3月 8日 (土)

ブブ彦日記 最近覚えた言葉

20080308最近ブブ彦が覚えた言葉がある。
「お尻かいてあげる」である。
これをいうと、爺さんのあぐらの上に乗ってくるようになった。
かなりの勢いで乗ってくるので、ちょっとした覚悟が必要。
言ったからにはお尻をかいてやらねばならないが、その時のブブ彦のうっとりした表情がなんとも言えない・・・
ほんとにブルドックなんだろうかと、いつも思う。

シネマごしっぷ インディー、3つのお約束

インディージョンズの最新作が6月に公開されますが、公開前になると旧3作を復習しようとする人が出てきて、DVDを借りることはできなそうなので、早めに借りてきてダビングしました。
(TVでも放送される可能性が高いですが)

最新作で気になる事が3つあります。
1、監督のスピルバーグとプロデューサーのルーカスは、それぞれの自身の作品でお互いの映画のキャラクターを登場させて遊んでいます。
レイダースには、R2-D2とC-3POが壁面に書かれているし、ETのハロウィンのシーンにヨーダが出ているし、スターウォーズEP1にはインディーとETが出ています。
最新作にも何かしらネタが仕込まれている可能性が非常に高いです。
(たぶん1回観ただけでは分からないだろうけど)

2、人が嫌がる物が大量に出てくるシーンがありそうです。
レイダースには蛇、魔宮の伝説には虫、最後の聖戦にはネズミが出てきます。
最新作にも何かしらが大量に出てくるシーンがありそう。
コウモリや蜘蛛は、シリーズでちょこっと出てきているので、無いと思います。
蛙、ヒルなどではないかと予想。

3、インディーシリーズはパラマウントという会社?が制作しているのですが、そのマークは三角形のとがった雪山。
雪山が映ってから、それに似た形の物が代わりに映って話が始まるというお約束があります。
レイダースでは山、魔宮の伝説ではドラ?(大きなシンバルのような物)に彫られた山、最後の聖戦では岩と、必ず三角形をした物が映るので、最新作では何が映るかなぁと思うのであります。

公開まで3か月、お約束で情報を流さず、期待を膨らませる方法をとっていますが、もう少ししたら情報が出てくるはず。
この飢餓感が楽しかったりする・・・
変だろうか・・・

2008年3月 3日 (月)

奇跡のハードル越え

ホントどうでもよい私事ですが、思い出したので、書いておきます。
”飯ごう炊さん”というものがありますが、ずっと”炊飯”だと思ってた。
米を炊くのだから、間違いないだろうと思っていたが、間違っていた。
”郵便受け”を”郵便桶”と思っていた時期もありました。
”お内裏様”を”お代理様”だと思ってた。
代わりの者がつとめて良いわけがないと、よくよく考えればそうなのだが、31年間それを考えなかった。
間違いに気づくチャンスは何度もあったはずですが、そのハードルを華麗に越えて、ずっと知らずに来たことは、ある意味奇跡なのかもしれない・・・
というわけでひな祭りに関する話でした・・・
m(_ _)m

あぁ、食い道楽 ハッピープッチンプリンの裏

20080303最近話題に上ることが多かったメガプッチンことハッピープッチンプリンですが、新事実が発覚です。
容器の裏にあるプッチンを折り、皿に乗せたらどんな形になるのだろう?と思っていたのですが、なんとパッピープッチンは、プッチンが4つ付いているそうです。
しかも、4つのうち、プリンが落ちる物は1つだけしかないというのです。
ちょっとした黒ひげ危機一髪っぽい遊びが用意されているとは、まったく想像してませんでした。

ちなみに、ハッピープッチンは、限定販売かもしれないという話もチラホラ。
買っとけば良かったと後悔しているのですが、後の祭りらしいです。

色々な店を回って、探してみようかと真剣に考えるようになりました。

ブブ彦日記 あの頃君は細かった

めざましTVのHPに行く必要ができまして、行ってみたのですが、今日のわんこのページがありました。
なんと、全部のわんこの情報が残されているのです。
忘れもしない、去年9月13日。
ブブ彦がTVに出た日を見てみると・・・
いました”ぶぶひこ”。
驚いたことに、ブブ彦が細い。
最近太ったんじゃ?という疑惑があったのですが、それは正しかったようです。
ウエストはクビレ、ろっ骨が少し見えています。
最近は食事の量1割減で生活しているブブ彦ですが、おやつをもらってウヘウヘしています。
痩せるわけがありません。
なんとかせねば・・・ブブ彦も自分も・・・

ブブ彦の記事はこちら↓
http://www.fujitv.co.jp/meza/wanko/2913.html

2008年3月 2日 (日)

僕とうつ病、闘病記 別居しています

報告が遅れましたが、やんちゃ鬼嫁と別居しています。
このコーナーに書くということは、当然原因は自分の病気にあります。
薬を飲んでなかったということもあり、正常な判断ができなくなっていたのかもしれません。
自分の中で納得がいかなかった事の不満をため込み、一気にそれが爆発しました。
鬼嫁が働き、自分は100%鬼嫁に頼って生活していて肩身が狭いわけですが、だからといって、鬼嫁に何も言えないというのは違うと思います。
今は鬼嫁も自分も一人になった開放感で浮かれていますが、それがずっと続くとは思えません。
今後どうするべきか考える必要が必ず出てきます。
自分の考えですが、鬼嫁は戻ってこないでしょうね。
離婚のタイミングを考えて待っていると思います。
鬼嫁もずっと苦労していたと思います。
だからそろそろ苦痛から解放してやりたいと、自分は思っています。
自分の就職が決まったら、一気に話が進むことになるんだと思います。
何か進展があったら、また報告します。

やめ時がありません

LOSTシーズン3は去年の年末からレンタルが始まっていたのですが、レンタル開始日に借りに行かなかったので、その後ずっと借りられませんでした。
そろそろホトボリが冷め、やっと借りることができたのですが、いやぁ~面白い。
前半の数話は、ちょっとマンネリ化してきたなぁ~と思っていたのですが、その後がヤバイことになっています。

シーズン1、2はそれぞれの登場人物の過去、飛行機に乗った理由などが描かれていましたが、シーズン3は、登場人物の意外な一面が描かれていきます。
えぇ~! そんなことする人だったのかい!ということもありました。
えぇ~! そこでつながってたかい!ということもありました。
えぇ~! あんたは相変わらずかい!ということもありました。
やめ時が見つからず、8時間連続で見てしまった・・・

LOSTはシーズン5で終わることがすでに発表されています。
シーズン3は話の折り返し地点になりますから、広げた風呂敷を畳み始め、いよいよ”島”の謎が解けだしていきます。

まだシーズン3の全話を見ていませんが、話は加速していくことになりそうです。
全ての謎が解けるシーズン5まで、僕は見ます。
見届けます。
ここでやめたらモヤモヤした気分から解放されませんからね。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »