« 僕とうつ病、闘病記 ネタ無し良いことだ | トップページ | ブブ彦日記 ホソ!! »

2008年4月18日 (金)

シネマごしっぷ 実写版攻殻機動隊制作決定

20080418ghost_in_the_shell押井守監督の「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」(95)の原作として知られる士郎正宗のコミック「攻殻機動隊」の実写映画化権を、このほどスティーブン・スピルバーグ監督とドリームワークスが獲得したらしい。
3D実写版の近未来ポリスアクションとして映画化するプランのあることが明らかになった。

映画化権をめぐっては、ユニバーサルやソニーも争奪戦に加わったが、スピルバーグ監督がオリジナル版の大ファンだったことから他を一歩リード。
押井監督の「イノセンス」の全米配給を手がけたドリームワークスが、同作の映画化権も獲得することになった。

スピルバーグは米バラエティ誌に、「『GHOST IN THE SHELL』は僕の大好きなストーリーの1つで、ドリームワークスに迎え入れることができて、僕ら一同、大興奮しているよ」と語っている。

プロダクションについてのスタッフ&キャスト、スケジュールについては何も決まっていない。
実写ですかぁ、微妙だなぁ

« 僕とうつ病、闘病記 ネタ無し良いことだ | トップページ | ブブ彦日記 ホソ!! »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。