« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の32件の記事

2008年5月31日 (土)

シネマごしっぷ タラ、学校に行くな

20080531_2

クエンティン・タランティーノ監督が開催中のカンヌ国際映画祭の“シネマ・マスター・クラス”で講師として特別講義を行なったらしい。

“シネマ・マスター・クラス”とはカンヌ映画祭で定期的に行われているもので、映画監督が講義を行うというもの。
これまで名高い映画監督らが講義を行なってきた。

その場でタランティーノは、映画監督を目指す人々に向かって「映画学校には行くな!」と大胆発言をした。
自身の経験を踏まえ、「映画学校へ行く金で自分の映画を作れ。自主映画を作ることこそ、映画学校では習えない、最高の授業になる」と力説した。

さらに、自身のスタンスにも言及した。
これまでオリジナルスコアでなく既存の楽曲ばかりを使用してきた理由について、「作曲家なんて信頼していないんだ。
撮り終えた映画を見せて、曲を作らせて、もしそれが気に入らなかったらどうするんだ。
オレの映画に泥は塗らせない」とタランティーノ監督らしい過激な発言もし、会場を沸かせた。

ブブ彦日記 遠吠え

20080531一般に犬は、サイレンなどが鳴ると、一緒に遠吠えをします。
ブブ彦はやらない派だったのですが、この前寝言で遠吠えをしました。
30秒ほど、一息で鳴き続けました。
翌日は10秒ほど、こちらは小さい声で鳴いてました。
こいつは犬なんだろうか?と思うことが多いブブ彦ですが、ちょっと犬っぽくて、安心した。

2008年5月30日 (金)

シネマごしっぷ 黄泉がえり、リメイク決定

20080530_2ドリームワークスが、03年に日本でヒットした草なぎ剛主演作「黄泉がえり」のリメイク権を獲得したらしい。

「黄泉がえり」は、死者が蘇るという現象を調査するために、熊本県阿蘇地方に向かった役人(草なぎ)を主人公にした感動のファンタジー。

ドリームワークス側は、リメイク版の脚本に「グラディエーター」(00)でアカデミー賞候補になった「エリザベス/ゴールデン・エイジ」(07)のウィリアム・ニコルソンを起用。今年後半にも製作を開始したいと考えているようです。

なお、同社がアジア映画のリメイクを手がけるのは、「ザ・リング」「ザ・リング2」、そして現在ポストプロダクションに入っている韓国映画「箪笥〈たんす〉」のリメイク版「A Tale of Two Sisters」に続いてこれで4作目となる。

ブブ彦日記 寒いのはイヤん

20080530先日、爺さんがコタツを片付け、ここ数日雨が続き、家の中にいても寒いです
毛の無いブブ彦も丸く小さくなって寝ているので、服を着せてみたところ、なかなか温かいようで、いつものごろ寝になりました。

ちなみに、ブブ彦の後ろに心霊写真のように写っているフレブルは、カーペットの柄です。
こんな物をよく見つけてきたもんですよね。

2008年5月27日 (火)

ブブ彦日記 お漏らし犬

20080527今日は写真にあるように、エクレアとブブ彦の話をする予定でした。
が、そうはいかなかった。
セロハンテープをビビビーと伸ばしているような音が聞こえたのですが、そうではない。
もしや、と思ってブブ彦の股間をみたら、黄色い液体がジョーーーっと出てる。
本人もやっちまったという顔。
しかし、一度出だしたものは、すぐには止められないようで、タンクがほぼ空になるほど出したようです。

慌ててカーペットを洗濯して干したのですが、時間が午後だったこともあり、乾かず。
こうしてブログを書いている間も、爺さんの下には、フローリングの板だけである。
前におねしょをした時も、申し訳ないという顔をしながらも、出るものを止めようとはしなかった。
1年に一度くらいの間隔で、コイツは漏らすようである。

シネマごしっぷ 便乗映画・・・

20080526寺内康太郎監督が制作していた「少林老女」が完成。
原宿にて完成披露試写会が行われ、主演の浅見千代子、長澤奈央、千太郎が記者会見に登壇。
会場には大勢の報道陣が集まり、主催者側からは「会場の大きさを見誤った」との発言も飛び出す、異例の盛り上がりを見せた。

本作は、人里離れた少林寺で修行を積んでいた“少林老女”こと美代子(浅見)が、ある日武術の使い手(長澤)に敗れ、芸人として都会で人並みの幸せを味わうという、どこかで聞いたようなストーリー。

映画初主演となった浅見は、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」にキス魔のおばちゃんとして出演する名物女優。
この2週間に、主題歌を担当する日本語を操る黒人俳優(どこかで見たような・・・)、千太郎と腰をクネクネさせながら撮影を振り返った。

本作は、3月末に撮影され、わずか2カ月足らずで公開を迎えるという100%便乗映画。
寺内監督も「こんなに反響があるとは! 自信を持ってお送りできる作品になったので、皆さんの反応が楽しみ」と、手応えをつかんだ様子。

その一方で、黒人演歌歌手役の千太郎は、浅見にキスされ「ポリデントの味がしました」とゲンナリ気味。
「ガキ使」同様に声を出さない設定だった浅見は、質問されるたびに同席したプロデューサーに耳打ちして代弁してもらうのだが、小さな会場ゆえにヒソヒソ声は周囲に全部洩れてしまい……。
それでも、「どこかの謝罪会見のようですね」と、細部までパロディにしてしまうおばちゃん的姿勢に、会場は爆笑に次ぐ爆笑となった。

2008年5月26日 (月)

シネマゴシップ タンタンの冒険旅行の続報

20080525スティーブン・スピルバーグ監督とピーター・ジャクソン監督が共同で、人気漫画「タンタンの冒険旅行」を3部作として実写映画化する第3作を、スピルバーグ&ジャクソンが共同監督することが明らかになった。
カンヌ国際映画祭を訪問していたスピルバーグが、「私が1作目、ピーターが2作目、3作目はたぶん私たちが共同で監督することになるだろう」と述べたもの。

「タンタン」は、俳優たちをCGによってモーションキャプチャーする実写版3D映画で、10代の記者兼探偵のタンタンと白い犬のスノーウィの世界をめぐる冒険を描く。
これまで1&2作の監督は2人に決まっていたが、3作目はジョージ・ルーカスやジェームズ・キャメロンが監督するのではないかと取り沙汰されていた。
しかし、ここに来てスピルバーグとジャクソンの両オスカー監督は蜜月関係になった模様で、キャメロン監督協力による3Dテクノロジーも含め、2人で「タンタン」全3部作を手がけることになったようだ。

僕とうつ病、闘病記 昼寝をやめたいが・・・

寝てました。
で、日曜23時に更新される闘病記が、1時半になってしまった。
薬が一部変わり、飲んでいるわけですが、副作用で眠くなるのです。
日中3回、寝る前に1回薬をのんでいると、常に眠いということになってしまいます。
日中ねてしまうと、夜に眠れないのです。
夜も眠くなればいいものを、その時になると、眠くならない。
病院の先生に何度も規則正しい生活をしなさいと言われているのですが、それが守れていない。
どうしても昼間、お昼寝 をしてしまう。
小さい子供のようでもありますが、このお昼寝、きもちいいんだよねぇ
横にならないようにすれば寝ないはずですが、疲れるとついつい横になってしまいます。
うーん、夜型人間になっても何の得も無いですからね。
なんとかします。

2008年5月25日 (日)

シネマごしっぷ オリジナルメンバー再集結

「ロード・オブ・ザ・リング」3部作に出演していたビゴ・モーテンセン(アラゴルン役)、アンディ・サーキス(ゴラム役)人が、ギレルモ・デル・トロ監督が映画化する「ホビットの冒険」への出演が決まりそうだ。

同作は現在、2部作での製作に向け、ピーター・ジャクソンとデル・トロの監督下のもと、脚本の仕上げに入っている。

モーテンセンとサーキスはすでに予備契約を済ませ、「ロード・オブ・ザ・リング」のキャラクターそのままに、「ホビットの冒険」に出演する模様。
先日、イアン・マッケランがガンダルフ役を再演決定と報道されている。

デル・トロ監督はバラエティ誌に対し、「正式に決定するまで1週間ほどかかるだろう。オリジナル版で演じた俳優たち全員を出来る限り呼び戻したいんだ」と、他の「ロード~」出演者へのアプローチも示唆している。

一年前の自分から

爺さん行きつけのサイト、「ほぼ日刊イトイ新聞」からメールが届きました。
すっかり忘れてました。
今から、1年前、2007年4月に、「ほぼ日アンケート2007」というアンケート企画があったのです。。
形はアンケートで、質問に答えていくのですが、それを編集して、1年後の自分に話しかけるような口調でメールが届きます。
あれから1年が過ぎましたか。
早いもんです。

メールには、こんなことが書かれていました。
2007年の4月、あなたは茨城県に住んでいました。
いまはどちらにお住まいなんでしょうか?
当時、あなたは、お父さんとお母さんと奥さんと一緒に住んでいました。
ペットも飼ってらっしゃいました。
名前は、ブブ彦?

このアンケートに答えたとき、水をはり始めた水田が見えてました。
1年前、あなたのカバンの中には、
財布や携帯電話、それからカギなんかが入ってました。
あと、薬やデジタルカメラも入ってましたね。
あ、そうだ、忘れちゃいけない、ICレコーダーも入ってたんです。
いま持ち歩いているカバンの中身と比べてどうですか?
そして、きっと忘れているでしょうけど、
あなたは1年前のいまごろに、
『パソコンのマニアックな本(違法ギリギリの本です)』っていう本を
なんとなく、つい買っちゃったんですよ。覚えてます?

そして、買ってはいないんですけど、
当時、10万円くらい使えるお金があったら、外付けHDD、無くてもいいんですが、あると便利だろうなぁと思っています。
1年経ちましたけど、どうです?

これは、いまのあなたに提案ですが、ブラックjyックによろしく の最新刊を買っておいたほうがいいんじゃないですか?
今日の帰り道にでも買っておくべきだと思いますよ。
去年のあなたはそれを気にしてましたから。

話は変わって、1年前のあなたは、
松本人志、宮本茂、ベッキー、に興味があったみたいです。
今もあるのかな。

ええと、1年前のあなたの座右の銘は、これ。
「人間万事塞翁が馬」とあなたが書いたんです。

そして、これは、きっと
覚えてらっしゃることと思いますけど、あなたにとって、大切な日は、10月2日ですよね。
この日は、妻と付き合い始めた日です。だとうかがってます。
覚えて‥‥ますよね。

ずいぶんな量になってしまいましたね。
これにて「去年のあなたのまとめ」を終わります。
どうも、ありがとうございました。

さて、最後に、1年前のあなたから、今のあなたに書いたメッセージをお届けしてを終わりたいと思います。
メッセージはこうです。
---ーー
病気が良くなって仕事についていますか?
いろいろ大変でしょうが、頑張ってください。
こっちも頑張っています。
---ーー

さて、どうでしょうか、アンケートに答えたことすら忘れていたのですが、結構当たっています。
変わっているようで、全然変わってなかったりします。
ほぼ日刊イトイ新聞では、今年もアンケートを予定しているそうなので、やってみることをお勧めします。

2008年5月24日 (土)

シネマごしっぷ ジョリーの衝撃映像流出

20080524人道支援活動に積極的な女優アンジェリーナ・ジョリーのショッキングなビデオが流出したらしい。

かつて、ナイフ収集癖やタトゥへの執着、奔放なセックスライフを語り、ワイルドでエキセントリックなイメージが強かったジョリー。
流出したビデオは99年に撮影されたもので、当時23歳のジョリーは目を大きく見開き、歯をこすりながら動物の虐待やSM趣味について語っており、隣にいる女性はその間、ヘロインと思わしきものを吸引している。

ジョリーは以前、、「コカイン、ヘロイン、エクスタシー、LSD……何でもやってきたけれど、もう大分前に止めたのよ」と語ったことがある。
ジョリーは過去、ドラッグカルチャーの発信地とも言われたニューヨークのチェルシーホテルの常連だった。

そして寝ない

深夜2時に目が覚め、というよりは、ずっと起きていて、そのまま2時を迎えたわけですが、なぜか寝てはいけないという気持ちになりました。
翌朝に何があるわけでもないし、寝てはいけない理由はどこにもありません。
でも、なぜか今夜は寝てはいけないという気持ちになったのであります。
そしてこの事を書いている ”今”は5時です。
眠気と闘いながら3時間が過ぎ、眠気の峠は越えました。
ネットサーフィンをして、興味がある物を探し、脳に刺激を与え、ストレッチをして、背筋を伸ばした結果が ”5時”なわけです。
爺さんが中学生の頃、あるバンドの曲に面白い歌詞があったのを、徹夜すると思いだします。
「歯磨き、風呂、寝る準備、そして寝ない」という歌詞です。
この一文は一生忘れないと思います。

爺さんも寝る準備して、そして寝ない

2008年5月23日 (金)

シネマごしっぷ CG版SW

20080523_23DCGアニメ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」の最新場面カットが公開された。
おなじみのアナキン・スカイウォーカーと、その弟子に新キャラクター、アソーカが描かれている。

「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」は、エピソード2とエピソード3の間を描く3DCGアニメ。
アナキンや、オビ=ワン、ヨーダ、パドメ、パルパティーン、ドゥークー伯爵、グリーバス将軍らが登場する。

「『スター・ウォーズ』には語るべきストーリーがまだたくさん残っている」と、ジョージ・ルーカス自らが製作総指揮・原案を務める。
にアニメーションというアートの限界を広げたいと思った」とルーカスは語る。
ルーカスによると、実写とは別次元の表現法でさらなる広がりを宣言している。
同作は全米で8月15日、日本では8月23日から公開される。

あぁ、食い道楽 変じゃないか

20080523おーいお茶 ってネーミングは変じゃないですか?
おーいと呼びかけている相手は”お茶”。
擬人法ってやつですが、なぜにお茶に呼びかける。
おーいお茶 とCMで言っているからか、違和感があまりないですが、おーいコーヒー、おーいビール などと飲み物を変えて言ってみると、いかに変なネーミングかが、おwかりでしょう。

そんな事を考えながらおーいお茶を飲んでいたら、一瞬わすれていたのですが、飲み終わると、やっぱり違和感。
変ですよこのネーミング

2008年5月22日 (木)

あぁ、食い道楽 卵焼きが熱い!

最近、卵焼きが旨いと感じる。
目玉焼きでなく、卵焼き。
卵をといて、フライパンで焼くだけのシンプルな一皿。
醤油や塩を入れておかずとして作るのではなく、砂糖が入った甘い卵焼きが旨いのです。
甘い卵焼きは許せないという人もいますが、僕は甘いのも好きなんだよなぁ。

2008年5月20日 (火)

ブブ彦日記 オレンジのクッション

20080520一日中寝ているブブ彦は、何処で寝るのかというと、オレンジ色のクッションの近くに寝ることがほとんどである。
乗ってみたり、寄りかかったりして寝るので、今や犬臭いクッションになってしまった。
まぁ、誰も使わない物だったんで、ブブ彦に使ってもらってもかまわないのですが・・・ うーん犬臭い

2008年5月19日 (月)

僕とうつ病、闘病記 デパケンRの副作用

デパケンRという薬を飲むようになって2週間がたちました。
記憶が無い時間があると先週書きましたが、今週もその話です。
姉が家に遊びにきて、「今日会ったことも忘れてしまうのか?」という話をしました。
結果は忘れませんでした。
しかし、いつ会ったかが、その日の夜にはわからなくなってしまった。
今日会ったかもしれないし、昨日だったのかもしれない。

また、昨日どこで寝たか思い出せない。
ベットで寝てないような気がするし、朝になっていつの間にかパソコンの前に座っていたりします。

困るのが、ブブ彦の餌。
今日は与えたのかが、わからない。
ブブ彦は与えただけ食べてしまうので、ただでさえ太り気味のブブ彦なのに・・・

記憶の整理ができないという事の大変さを痛感しています。

2008年5月18日 (日)

ブブ彦日記 3つめの起きる理由

20080518基本的にブブ彦は一日中寝ている。
餌と散歩の時間以外は寝ているのだが、その2つ以外にも起きる時間がある。
それは母が台所に立つ時、詳しく言うと、おにぎりを作っている時になると、突然起きだし、母の足もとに向かう。
どうやらそこで海苔をもらっているようである。

食べると口の中にくっついてしまうので、食べ終わってからもなにやら口をモゴモゴと動かしている。

この犬、バナナ以外はなんでも食べるようである。

2008年5月16日 (金)

ブブ彦日記 てんとう虫で受け狙い

20080516ここ数日は寒かったように感じます。
何を思ったか、爺さんはコタツをしまってしまった。
ブブ彦の寝どこがなくなってしまい、寒そうにしているので、洋服を着せました。
テントウ虫柄の洋服は誰が見ても笑いがとれる。
本人もこの状況はオイシイと思ってることだろう。

2008年5月12日 (月)

シネマごしっぷ がっかりした23本

20080512「ライラの冒険/黄金の羅針盤」のDVDが全米で発売されたことを記念して、米雑誌が「映画化作品にガッカリした23本」を発表した。
つまり原作本の方が断然良かった作品だ。

「ライラの冒険/黄金の羅針盤」がもちろん入っているのがなんとも皮肉(笑)
「ダ・ヴィンチ・コード」「SAYURI」「トロイ」「アイズ・ワイド・シャット」「サウンド・オブ・サンダー」「2番目のキス」と有名作品がずらりと並んでいる。

そういえば実写版ドラゴンボールの話はどうなっただろう。
間違いなく酷評を浴びるはず・・・
( ̄(エ) ̄)ノ

2008年5月11日 (日)

僕とうつ病、闘病記 物忘れ、空白の時間

薬が変わり1週間がたちました。
病状に変わりはありませんが、副作用で頭痛がします。
また、眠くなるようで、横になると3時間は目が覚めません。
頭痛も眠気も構わないのですが、気になることがります。
物忘れです。
デパケンRの副作用について調べてみたところ、「もうろう、物忘れ、けん怠感、集中力の低下」などがあるらしい。
朝食におにぎりを食べたのですが、昆布が入ってました。
嫌いなので、夜母に「おにぎりに昆布は入れないでくれ」と言うと、「それ昼聞いた」と言う。
でも昼間に言った記憶が全く無いのです。
母に会ったという記憶も無い。
よくよく考えてみると、他にも記憶が無い時間帯がある・・・
パソコンでのHP作りが、勝手に進んでいたり、一日が20時間くらいの感覚しかなく、残りの4時間が思い出せないなどです。
まぁ、自殺する危険か、物忘れかを選ぶとしたら、考えるまでもなく薬を飲む方を選ぶわけですから、あまり気にしないようにします。

あぁ、食い道楽 カレー探求の道027 カレー自己新記録

どうでも良いことなんですが、5食連続でカレーライスです。
カレー大好きな爺さんは何食カレーを食べても苦ではない(笑)

カレールーがまだ残っているので、6食、7食連続とまだまだ続きそうである。

ここまで来ると、主食は米じゃなくて、カレーになってきます。
インド人もビックリとは、こういう事を言うのでしょうなぁ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

シネマごしっぷ ウィス・スミス逆恨みされる

20080511「Seven Pounds」を撮影中のウィル・スミス。
ロケ先となったハリウッド近くの住宅地の住民との間に揉め事が起きているらしい。

撮影現場から3軒離れたところに住む65歳の女性の家の庭には、
「ウィル・スミスは自分の豪邸で撮影しろ」
「仮設トイレも自宅の近所に設置しろ」といった内容の看板が立てられている。
道をふさぐ車両、発電機の音、深夜に及ぶ撮影、そこかしこにいる警備のスタッフなど、不満のタネは尽きないらしい。

彼女の抗議の対象は、スミスよりも、ロサンゼルス市内の撮影コーディネーションを請け負うFilmL.A.というNPO組織。
グラハムさんいわく、自宅近辺ではこの6週間で5本もの映画撮影が行われたという。

それに対してFilmL.A.側は、そのつど適切な対応をしてきたと主張。
映画産業に働く人々も多く住むこのエリアで、撮影に理解のある住民は多いが、数日ならともかく、数週間となると我慢できないという声が上がっている。

なお、「Seven Pounds」の撮影そのものは順調で、今月半ばまで続く予定だ。

2008年5月 8日 (木)

トラベル・レポート 栃木、足利 ほうとう祭り

20080508栃木県足利市に ふじ を見に行ったわけですが、昼食の時間です。
これがメインだったりするのだが、今回は ほうとう を食べろという店に入りました。
外から見ると、潰れてしまった店のようですが、地元の人はやっていることを知っていて、店内ほぼ満席。
何ほうとうを食べるか迷ったが、みそほうとう を頼む。
ほうとう と すいとん の違いが分からなかったが、どうやら ほうとう とは幅の広いうどんらしい。
(って、爺さん以外はみんな知っているのか?)
麺が少なそうだったので、足りないかと思ったが、幅が広いから、すすった感覚より何倍も腹にたまる。
それにしても、かなり煮込んでから持ってくるらしく、かなりの高温。
口の中を火傷し、こうしてブログを書いている今も口の中が痛い・・・
ほうとうは旨かったが熱かった・・・
でも、南瓜が入っていて甘いのは、酢豚の中のパインのようで、入れる意味が分からない。
あ、ポテトサラダに林檎を入れるってのも意味不明。
南瓜だけが残念・・・・

2008年5月 7日 (水)

トラベル・レポート 栃木、足利 足利学校

20080507栃木県足利市にあるフラワーパークに行ったわけですが、8時半には見終わってしまった。
フラワーパークの込みようから、開園と同時に入ったことは正解だっただが、これからどうするか?という話になった。
そこで足利学校に行ってみることにした。
日本最古の学校らしい。
かやぶき屋根によく手入れされた庭。
ここで勉学に励んだ人たちがいたと思うと、感慨深かった。
孔子や徳川家が関係しているらしいのだが、フラワーパークで疲れ切ってしまった爺さんは、説明文を読む気力無し。
歴史が苦手なんですが、勉強しておかないと と最近思う。
時代劇を見ても面白いと感じるし・・・・
歳か・・・

あぁ、食い道楽 ブリトーって何料理?

20080507爺さんはセブンイレブンで売っている”ブリトー”が大好きなんですが、Pちゃん(おとん)に言われました。
「ブリトーってどこの国の料理なんだ?」と。
さんざんブリトーを食べてきましたが、その質問に即答できなかった。
うーん、ピザを丸めたようだからイタリアかとも思ったのですが、スパイシーなブリトーもあります。
スペイン辺りかとも思ったけれど、中南米も怪しい。

気になってしかたないので、ネットで調べました。
メキシコ料理らしいです。
が、アメリカで発展した背景もあるそうな。

いずれにしても、コンビニでブリトーを見つけると買ってしまうんだわさ。

2008年5月 6日 (火)

トラベル・レポート 栃木、足利 フラワーパーク3&カレー探求の道026 チョコ、カレー

20080506栃木県足利市にあるフラワーパークに行ってきたのですが、面白い花をみつけました。
「チョコレートコスモス」です。
色がチョコレートに似ているからかと思ったのですが、なんとチョコレートの香りがするのです。
さらに面白かったのが、カレーのオイニーがする草。
あの臭いを出すことに何のメリットがあるかは謎であるが、カレーが食べたくなったのは事実である。

2008年5月 5日 (月)

トラベル・レポート 栃木、足利 フラワーパーク2 しばし呆然

20080505栃木県足利市にあるフラワーパークに行ったわけですが、「ふじが凄いらしい。」というキーワードを入手していました。
フラワーパークに園内に入るとすぐに「ふじ」が広がっている。
花に疎い爺さんではありますが、その凄さをビンビン感じました。
すごいですよコレ。
しかも一か所だけになるのではなくて、あちこちに ふじ が広がっている。
説明書きがされていたので、読んでみると、この大きさになるまでに140年かかったらしい。
他の木と違ってふじは、枝を支えてやらないと、この大きさにはならない。
枝が放射状に広範囲に広がっているので、木を移動することは無理っぽい。
ということは、140年前から、誰かしらがこの木を手入れし続けたわけです。
そして、移動できないふじを中心に公園を作ったらしい。
この公園の職員が手入れをしているわけですが、10年単位の先を見越して手入れをしているはず。
「うう、俺は今日で引退だ。 お前にこのふじを託す」というセリフが聞こえたかは謎であるが、引き継ぎをしないとこの木は存在しなかったんだよね。
それも何代も何代も。
「俺はここに何十年も働いているが、ついに完成を目にすることがなかった」という職員が何人いたことか・・・
とんでもない気の長さに、しばし呆然とした。

ブブ彦日記 違う生き物

20080505_2足利学校に行ったときの一枚。
パピヨンを発見してしまった爺さんは、触らないわけにもいかず、パピヨンを撫で撫で。
おーなんて大人しくて、賢そうなんだ。
鼻で脇の下からごり押しして膝に上ってくる黒子豚とは別の生き物だ。
トリマーさんに手入れしてもらっているような感じでした。
しばらく風呂に入っていない黒子豚の犬臭とは無縁の存在。
それがパピヨンでした。

2008年5月 4日 (日)

僕とうつ病、闘病記 遺伝する確率

統合失調症についての小冊子を読んでいます。
病院の待合室にあったものをもらってきたのです。
視線を感じ監視されているような気持ちになったり、壁に虫が大量に這っているように見えたりした事が昔あったので、(今はすっかり無くなりました)、先生にも統合失調症の病状が少し見られると言われており、この病気についてもっと知りたいと思っていました。
特に、この病気は遺伝するのか?という事が知りたかったのですが、遺伝する確率は10%だと書かれている。
育て方によって、発病するか? という疑問にも回答がかかれていて、育て方はあまり関係ないようです。
自分のような人間が親になってはいけないと思うし、遺伝するならば、尚更子供なんて作ってはいけないと常々思っています。
遺伝しないかもしれない、みんな絶対の自信をもって親になっていない、と思われるかもしれませんが、自分に言わせれば、それは無責任です・・・
(他の人がどうこうと言っているわけではなく、自分は子供を作れないって話です。)

遺伝する確率が10%というのは、思っていたよりもずっと低かったのですが、統合失調症になる人の割合はおよそ100人~120人に一人。
1%以下ということになります。
そう考えると遺伝する確率が10%だというのは、10倍以上ですから、けして低いともいえなそうです。

それに、これは統合失調症の統計であって、うつ病の事には触れていません。
うつ病も遺伝しなそうですが、性格や考え方は親に似るところもあるので、やはり通常の何倍も発病する確率は高いはずです。

こういうことを考えていると落ち込みますが、まず相手がいないわけですし、こんなことを考えずに、とにかく、病気を治すことに専念するべきだという結論に至りました。
はぁ、でも落ち込む・・・

トラベル・レポート 栃木、足利 フラワーパーク

20080504栃木県足利市にあるフラワーパークに行ってみました。
朝5時に出発し、到着したのが6時過ぎ。
開園が7時(はや!!)
とにかく開園と同時に入らないと、とんでもない渋滞に巻き込まれるという情報を入手していたので、それに従った形です。
30分前倒しの6時半に開園したのですが、次から次に人が流れ込んでくる。
一通り園内を見るのに2時間かかりましたが、それでも8時半。
こんな早朝に何千人という人が園内にいるという異様な光景が見れました。
フラワーパークの周りの田んぼ中を駐車場に使っているのですが、いくら駐車場があっても車が停められないらしく、渋滞は数キロ続いています。
おそらく車を止めるまでに3~4時間待ちになるでしょう。
それから人ごみの中を歩くことになることを考えるとグッタリして花を見るどころではないでしょう。
渋滞する車を対向車線に見ながら、ちょっとした優越感を感じるのでありました。

それにしても爺さんが花を見に行くということが、かなり珍しい事なんですよ。
花の名前は何回聞いても覚えられないし、同じ花でも色が違うだけで違う物に見えるし・・

ハリーポッターに出てくる呪文のような名前を覚えられる人って、ちょっと尊敬します。
歳だなぁ、と感じることが、だいぶ増えました。

2008年5月 1日 (木)

ブブ彦日記 裸ということ

20080501他の人はあまり考えない事なんだろうけど、犬は裸なわけです。
毛があるから、そうは思わない事が多いですが、犬は裸なわけです。
まぁそんなことを言い出したら、猫も雀も裸なんですが・・・
爺さんがよく見る夢に、空を飛んだり、歯が沢山抜けたりするものがあるのですが、もう一つありまして、自分が裸で街中に放り出されるという夢があります。
何故裸なのか、服はどこにいったのか、などの説明は一切なく、人に見られないようにあちこち隠れるんですね。
で、犬が裸だという話に戻りますが、ブブ彦を見ていて、「こいつは裸なのに、なんと堂々としているな」と(笑)
自分に自信があるのか、はたまた見たけりゃいくらでも見るがいいさ と思っているかは謎ですが、爺さんが人に見つからないように物陰に隠れる事に対し、犬ってのはなんと堂々としていることか。
その自信を少し分けてもらいたいとも思うのですが、爺さんが裸に自信をもつと、それなりに危険ですよね・・・

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »