« あぁ、食い道楽 カレー探求の道028 カレーバカ | トップページ | デジ物コバナシ プチパニック »

2008年6月 1日 (日)

シネマごしっぷ T4続報

20080601「ターミネーター」シリーズ最新作「ターミネーター4」のコンセプトアートとストーリーが、同作の公式サイト上で明らかにされたらしい。
なお、「Terminator Salvation: The Future Begins」というタイトルはボツになったと伝えられたが、そのままになっている。
また、クリスチャン・ベールは先頃、第4作からの3部作で、ジョン・コナーを演じる契約を交わしている。
「T4」の気になるストーリーの舞台は2018年。スカイネットやターミネーターに対する革命軍のリーダーとなることを運命づけられたジョン・コナー(クリスチャン・ベール)だが、マーカス・ライトという謎の男(サム・ワーティングトン)の出現によりその運命が変わっていくという。
スカイネットが人類撲滅の準備を進める中、コナーとライトは協力してスカイネットの心臓部へ乗り込むが、そこで人類の生存を脅かす、ある秘密を知ってしまうというストーリー。

最新作でメガホンを取るのは「チャーリーズ・エンジェル」シリーズなどで知られるマックG監督。
ファンからは「作風が合わない」と不安の声も上がっているが、マックG監督によるコメントには「私はキャメロン監督と多くの時間を共にし、シュワルツェネッガーともコンタクトを取ってきた。私は長年シリーズのファンだし、前3作に恥じない作品を作ることが目標だ」とファンを気遣うコメントも載せられている。

« あぁ、食い道楽 カレー探求の道028 カレーバカ | トップページ | デジ物コバナシ プチパニック »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。