« あぁ、食い道楽 私の記憶が確かならば | トップページ | ゲームしてみる? Zeldaの伝説、映画化 »

2008年6月20日 (金)

シネマごしっぷ TV版ターミネーターの感想

20080620terminatorthesarahconnorchrアメリカで現在放送中のドラマ、ターミネーター、サラ・コナー クロニクルズを見ました。
ターミネーター2と3の間の話をTVドラマ化した物です。

---<以下補足、ターミネーターシリーズに詳しい人は読み飛ばすべし>---
2でサラ・コナーは、刑務所から脱獄し、1のラストで残ったたターミネーターのチップと腕を使って、スカイネットを作ろうとしているサイバーダイン社を爆破、それが人類のためだと言っても、未来の事を知らない人たちにとっては、サラ・コナーはテロリスト。
2のラスト以降は、人目を逃れ、居場所を転々としながら生活するわけですが、ターミネーター3では、サラ・コナーは亡くなっている。
----------

ドラマの感想はというと、イマイチです。
FBI、ターミネーターから逃げ続ける、言ってみればプリズンブレイクのシーズン2のような展開を期待していたのですが、あんまり緊迫してないんです。
そして盛り上げ方が下手。
結構淡々と話が進んでいきます。
一番ダメなのが、一話一話の話のラストが次回を見たくなるような終わり方をしていないところ。
「そこで終わりますか、続きを見させろ」とならないのです。
いつか面白くなるだろうと10話くらいまで見ましたが、最後までダメダメでした。
まぁ、一話目は新鮮だし結構面白いと思います。
日本での放送、レンタルの予定は未定。
日本に来ても、僕は見ませんが、興味がある人はどうぞ・・・

« あぁ、食い道楽 私の記憶が確かならば | トップページ | ゲームしてみる? Zeldaの伝説、映画化 »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。