« ダイエット奮闘記、第3部 いよいよダイエット開始 | トップページ | ブブ彦日記 憧れのシャーペイ »

2008年7月10日 (木)

シネマごしっぷ 指名手配犯、金獅子賞作品に出演し御用

今年のカンヌ映画祭グランプリに輝いたイタリア映画「ゴモラ」に、指名手配中のマフィアが出演していることが発覚。
逮捕に至ったらしい。

事の発端は、ナポリにある刑務所で行われた映会。
服役していた囚人たちが、スクリーンの中に仲間の姿を見つけたのだ。
ジョバンノ・ベノーサとクレジットされていた男は、実は指名手配中のマフィアの一員。
俳優志望でもあったようで、オーディションに普通に応募し、その役を手中に収めた。

警察はすぐに男の居場所を突き止め、現在は刑務所に服役中とのこと。
ナポリ警察の広報担当者は、
「囚人たちが気づかなければ、ベルーサが探していた人物だと知る由もなかった」とコメントしている。
映画の中でベノーサが演じる男は2人のティーンエイジャーを殺しているが、実際にどのような罪で逮捕されたのかは明らかにされていない。

« ダイエット奮闘記、第3部 いよいよダイエット開始 | トップページ | ブブ彦日記 憧れのシャーペイ »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。