« ブブ彦日記 憧れのシャーペイ | トップページ | ダイエット奮闘記、第3部 フラフラする喜び »

2008年7月11日 (金)

シネマごしっぷ サンジャポよりも高かった

20070711_3“呪いの着信”を受けた人間が次々に怪死する恐怖を描いた「着信アリ」のハリウッドリメイク版「ワン・ミス・コール」試写会が開かれ、同作に出演しているデーブ・スペクターが登壇して舞台挨拶を行った。

当日は豪華ゲストも来場……ということだったが、会場にやってきたのはプチブルース、スタスタローン、和製ビヨンセ渡辺直美で、この演出に会場は笑いに包まれた。

デーブ「僕がいなければこの映画は成り立たなかった」と豪語したものの、「台詞は2つしかなく、1つはカットされた」「ギャラは悪くなかった。『サンジャポ』よりは高かった」など身も蓋もない発言を連発。
会場を沸かせたらしい。

« ブブ彦日記 憧れのシャーペイ | トップページ | ダイエット奮闘記、第3部 フラフラする喜び »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。