« シネマごしっぷ SWカッコええシーン31 | トップページ | ブブ彦日記 久々の屋内○○○ »

2008年8月24日 (日)

デジ物コバナシ リアルブブ彦を描いてみる(1)

20080825_2ペイントソフトの勉強は続きます。
前回までは、シンプルなイラストのような絵でしたが、今回からはリアル系の絵に挑戦です。
見ての通り、今回もモデルはブブ彦です。
ですが、前回のように爺さんのイラストから描くのではなく、今回は写真から輪郭と主な線を切り出し、それを下書きに描いてみます。
そして今回の絵のテーマは、「毛の質感」です。
コンピュータで、どこまで毛を描けるのか。
かなり手間がかかりそうですが、頑張ってみます。
更新は遅れがちになるような予感が早くも・・・

今回の写真は、輪郭と主な線を切り出しただけです。
これだけでも結構な時間がかかっています。
線だけでは写真があることすら気付かないので、周りに色をつけました。
原寸大で保存しているので、クリックしてお楽しみください。

« シネマごしっぷ SWカッコええシーン31 | トップページ | ブブ彦日記 久々の屋内○○○ »

デジ物コバナシ」カテゴリの記事

コメント

ホワイトタイガーに見えるのは私だけでしょうか?(^^)

ブブが「ガオ〜!」と鳴く日も…ナイナイ

ブブ彦日記に載せる写真は意識してブサイクな物を使っています。
うちの犬カワイイーでしょ?ってやると見る側は引きますから。

だから普通なブブ彦を見ると違和感を感じるのかもしれません。
黒豚になることはあっても白虎にはならないですから安心を。

この記事へのコメントは終了しました。

« シネマごしっぷ SWカッコええシーン31 | トップページ | ブブ彦日記 久々の屋内○○○ »