« ダイエット奮闘記、第3部 Miiが太ったまま | トップページ | デジ物コバナシ リアルブブ彦を描いてみる(1) »

2008年8月24日 (日)

シネマごしっぷ SWカッコええシーン31

20080825シリーズ初の劇場用長編3Dアニメ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」が8月23日公開される。
一足先に見させてもらいましたが、つまらんかった。
どこが悪かったか箇条書きにしてやりたいが、今回はその話ではないので止めておく。

米のSWファンサイトGalactic Binderは、「『スター・ウォーズ』のカッコいい名シーン31」というランキングを発表した。
(何故に31という半端なランキングなんだかw)

第1位「帝国の逆襲」のラストで、ハン・ソロが炭素冷却される直前、レイアが彼に「愛してる」と叫び、「分かってる」とハン・ソロが返し、キスをするシーン。
(意義なし)

第2位「クローンの攻撃」で、ヨーダがドゥークー伯爵と戦うため、フォースを使ってベルトに付けていたライトセーバーを両手に収め、カッコよく戦闘態勢に入るシーン。
(その後のヨーダの動きが速すぎて、あんた杖要らんやん と突っ込んだっけ)

第3位「新たなる希望」で、デススターの帝国軍の会議場で、ダース・ベイダーが自分を侮辱するモッティ提督に“フォースグリップ”を使って殺そうとするシーン。
(うーぬ、このシーンカッコいいですか?)

第4位「ジェダイの帰還」で、金色のビキニを着せられたレイア姫がジャバ・ザ・ハットに鎖で繋がれたシーン。
(カッコいいとは思わんが、萌えた。 新たなる希望の頃より、姫さんキレーになったなぁとしみじみしたっけ)

第5位「新たなる希望」で、ハン・ソロがカンティーナの酒場においてグリードを撃ち殺すシーン。
(グリードよ、そんな近距離で外すか と突っ込んだが、確かにカッコいいシーンではある)


「帝国の逆襲」のラスト、ダース・ベイダーがルークに「わてがパパやねん」という衝撃の告白シーンはランキング外・・・
そこでベイダーが拳を握り締めてルークを説得するんですが、あのシーンのベイダーは良かったなぁ
なんで圏外?

« ダイエット奮闘記、第3部 Miiが太ったまま | トップページ | デジ物コバナシ リアルブブ彦を描いてみる(1) »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。