« ブブ彦日記 ちょいとお前さん | トップページ | 子供だけ写真の年賀状に否定派の爺さんの考え »

2008年9月15日 (月)

先生による洗脳→さらに続ける

爺さんが敬愛する荒木飛呂彦先生の漫画で、良く出てくる展開なんですが、ある事をして事態が悪くなるんです。
で、それをやったから悪くなったんだし、それを止めて他の事に変えてみようかな?って登場人物の頭をよぎるんですが、登場人物は結果そうしないのです。
「そのままだからいんじゃねーか」とか「さらにガンガンやる」という選択をする。
爺さんは株で勝ててないです。
じゃやめるかというと、「だからおもしれーんだよ、続けます」である。
パーマをかけたいけど太って顔が丸くなったから、パーマを諦めるかというと、「いっそ余計ボリュームがでるようにガチガチにパーマをかける」である。
フラフラで歩けないから少しは食事をとろうかというと、「倒れるくらい歩いたら痩せてるだろうから、もっと歩く」である。

意地になったり、頑固って事ではない。
最初は良かれと思って、自分でやると決めたのだから、ちょっと状況が悪くなっても、続けるべきなんです。
でも、やっぱり頑固者にしか見られないんだろうね。
じゃぁ、頑固やめますか?というと・・・
もちろんさらに頑固になる を選ぶんです(笑)

« ブブ彦日記 ちょいとお前さん | トップページ | 子供だけ写真の年賀状に否定派の爺さんの考え »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。