« ブブ彦日記 白髪尻尾 | トップページ | トラベル・レポート 広島、尾道 旅情のしめくくり »

2008年9月25日 (木)

トラベル・レポート 広島 へんくつオヤジと、へんくつやという名店

20080925広島で楽しみにしていたのは、本場のお好み焼きを食べること。
一番の有名店、八昌に行ったのですが、なんと定休日。
事前に休みの日も調べていったのに、変則的な休日だったようで、店の前は静まり返ってた。
本当なら、ここで行列に並ぶはずだったのに・・・・

近くにお好み村という場所があって、そこにも八昌があるのですが、八昌をめぐる話にはドロドロしたものがありまして、のれん分けしてないのに勝手に名前を名乗ったりして、地元の人でも把握できないくらい複雑な歴史があるのだそう。
でも名前が同じなんだから、美味しいのだろうと行ってみたのですが・・・・
まずおばさんに
「かなり待つよ」と言われた。
「じゃぁ、待ちます」と返す。
店を覗くと、ポツポツ席が空いているので
「バラバラでもいいです」と言ってみた。
すると、
「バラバラでもかなり待つよ」と言ってきた。
それを聞いたお客さんが、席をずれて、まとまった空き席を作ろうとしたら、店のオヤジが
「いいから!」と手を出し、お客さんを静止した。
さらにオヤジは続ける
「他へ行ったほうがいい」と。

普段仏のような爺さんですが、さすがにキレました。
つまり、一見さんの観光客に食わせるもんは無い という事です。
最初から、食べさせないように話をしていたのです。

その後行った、「へんくつや」という店は、対応も味も雰囲気も最高でした。
あんなオヤジの店で食べなくて良かった。
みなさんもお好み村の八昌には行ってはダメですぞ!!!
食べるなら、本家八昌か、へんくつやで!!!

« ブブ彦日記 白髪尻尾 | トップページ | トラベル・レポート 広島、尾道 旅情のしめくくり »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

お好み村の八昌ははっきり言って偽者です。
広島市内で「本物」の八昌は一軒だけ、薬研堀にある店です。現時点でのれん分けにより八昌の名前を使えるのは東京の経堂にある店、一軒だけです。
広島市内でのれん分けをする場合は「八」の字だけ与えてくれます。最初にのれん分けしたのが同じ薬研堀にある「はっこう」(漢字が思い出せないのですが、看板はひらがなで書いてあります)、二件目がお好み村の4階にある「八戒」。

ちなみに昔の八昌の味を今でも守っているは「はっこう」です。

ロバートさん、こんばんわ
お好み村の八昌の一件は、本当に嫌な思い出です。
この店名を名乗っている限り、ほっといても客はやってくる。的な態度が見え見えでした。

そうですか、昔の味を守っている「はっこう」も気になりますが、爺さんは茨城人なので、広島にはそうそう行けません。
東京にも八昌があるという話は初めて聞きました。
東京ならばなんとか行く事ができます。
貴重な情報ありがとうございます。

この記事へのコメントは終了しました。

« ブブ彦日記 白髪尻尾 | トップページ | トラベル・レポート 広島、尾道 旅情のしめくくり »