« ダイエット奮闘記、第3部 初のリバウンド | トップページ | 常にベルトを締める爺さん、笑われる »

2008年9月20日 (土)

トラベル・レポート 山口、萩 松下村塾にて自分の小ささを痛感・・・

20080920山口県萩市と広島県に旅行に行ってきました。
萩市は自転車で町中を観光。
自転車に乗るのは10年ぶりくらいでしょうか?
まず乗れるのか? そして、こげるのか? さらに、どこまで行けるのか?
不安ばかりが頭をよぎる。
タイヤの空気が甘かったのと、ブレーキが効かないというアクシデント(というより、そりゃ致命傷)と問題がありましたが、なんとか市内を回れました。
最後に松下村塾に行き、初日の観光は終了。
松下村塾は、いきなり視界に現れ、えぇ!!ってくらい小さかった。
でも、この小さな建物から日本が変わったのかと思うと、すごく感動したのです。
「日本の歴史の胎動」だったかな?そんな事が書かれた石碑がありましたが、まさにそのとおり。
国のためにと活動し、30前後で亡くなっていく志士たちの事を考えると、同じくらいの歳で、死ぬことばかり考えている爺さんが、とても小さく思えました・・・

今宵の宿に行ってから、夕食を食べるわけですが、そこで西日本の文化に撃沈されるのですが、その話は明日・・・

« ダイエット奮闘記、第3部 初のリバウンド | トップページ | 常にベルトを締める爺さん、笑われる »

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。