« ブブ彦日記 なんてぇこたない | トップページ | 更なる孤高(浮いてるだけw)を求めて »

2008年10月14日 (火)

僕とうつ病、闘病記 トータルで考えゲームをすることにした

色々と嫌な事が重なり、やめることになったオンラインゲーム「FinalFantasy11」
やめたのが6月なのですが、それからずっと、このFF11の事を考えてきました。
単にゲームがやりたいというよりは、仲良かったメンバー達のその後が気になる。
サークルの問題の核心を突く事を言い放ってやめてしまったので、その後雰囲気が険悪になったのでは?
爺さんの意見に賛同した人が、サークルを離れてしまったのではないか?など心配は尽きなかった。
人付き合いが苦手な爺さんを、メンバーに誘ってくれた恩がありますから、そう簡単に割り切って忘れることができなかった。
そこでまた、FF11を遊ぶ事にしました。
一番信頼していた人にメールをし、自分が戻っても良いのか尋ねたら、みんな大喜びしてくれた。と返事が届いた。
ちょっと泣けてしまった・・・・

仕事に就かずにゲームをすることへの抵抗は今もあります。
正直に言ってしまいますが、体重が70kgになったら死のうと決めていました。
見送られる時くらい元の姿に戻りたかったからです。

経験から言って、自殺しない一番の方法は、予定を入れてしまう事です。
冬になったら○○をしよう。
○○に行こう。
そう決める事で、それが済むまでは生きておこうと考えるのです。
今回のFF11もそうです。
明日○○時に集合しよう。
こんどは仲間と○○へ行こうと予定を組まれると、死ぬ暇が無い。
それに人づきあいが苦手なりにも、何かしら予定があるのは嬉しいもんです。

理想としては、コンビニの早朝バイトでもやって、少し仕事をするようになって(年金がもらえる範囲の金額をもらうようにして)、帰ってきたらブブ彦の散歩、その後の時間をゲームに使う。
仕事をするとまた身体が重くなって動かなくなる可能性があるが、ゲームで予定を入れつつ、明日への気力を充電する。
こんな感じが理想です。
とりあえず、今年は痩せる事に専念し(デブである事で外に出るのが怖いので)、来年からちょっとしたバイトでもやろうかと考えています。

« ブブ彦日記 なんてぇこたない | トップページ | 更なる孤高(浮いてるだけw)を求めて »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。