« ダイエット奮闘記、第3部 騙された、気付いた後もしょうがない | トップページ | ダイエット奮闘記、第3部 ついに標準へ »

2008年11月29日 (土)

シネマごしっぷ どっちのリメイク

20081129スピルバーグ監督とウィル・スミスがタッグを組んで再映画化する「オールド・ボーイ」について、スミスが、初めて口を開いた。

「僕たちは企画を実現させようとしているけれど、目指しているのは韓国映画『オールド・ボーイ』のリメイクではなく、オリジナルの再映画化だ。韓国映画の基になったオリジナルの漫画の方を再映画化するつもりなんだよ」とのこと。
つまり、土屋ガロン・作、嶺岸信明・画の日本のコミックの方を映画化する、と断言している。

映画業界誌が伝えるニュースでは、ドリームワークスが韓国映画のリメイク権を取得しているマンデイト・ピクチャーズと交渉中とのことだったが、スミスの話ならまったく違う話になる。
原作の権利はすべて版元である双葉社が代行しているが、ドリームワークスからは「今現在、まだ何のお話もいただいておりません」(双葉社ライツ事業部担当者・談)とのこと。
はたして、プロジェクトの行方はどうなるのだろうか。

« ダイエット奮闘記、第3部 騙された、気付いた後もしょうがない | トップページ | ダイエット奮闘記、第3部 ついに標準へ »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。