“裏” あぜ道通信

  • 偉大なマスター
    ブログ本文には載らない、没写真、ひっそりとUPします。 ネタ晴らし、舞台裏、そういうの、欲しいでしょ?
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ダイエット奮闘記、第3部 あと10kgになりたいもんだ | トップページ | あぁ、食い道楽 味噌ピーの存在意義 »

2008年11月12日 (水)

シネマごしっぷ 韓版オールドボーイのリメイク

20081112スピルバーグ監督が、ウィル・スミスを主演にして、韓国映画「オールド・ボーイ」のリメイク作品を企画中だという。
原作は日本の土屋ガロン・作&嶺岸信明・画による同名漫画。
漫画版と比べて、設定や結末が違う映画版は、理由不明のまま15年間も何者かに監禁されていた平凡なサラリーマンが解放されたのち復讐を挑むというバイオレンス映画。
03年の第57回カンヌ国際映画祭コンペ部門に出品されると、審査員特別グランプリを受賞した。

スピルバーグ率いるドリームワークスがリメイク権を獲得次第、映画化が実現するとされる。
実は、リメイク権を数年前に売却したのは韓国の「オールド・ボーイ」製作会社で、売却時に日本側と少し揉めた経緯があるが、今回リメイクされるのは韓国映画の方なのだという。
その原作漫画の版権を所有する双葉社に確認したところ、「まったくの初耳」という反応が返ってきた。

とはいえ、これが実現されれば、日本の漫画が韓国の映画を経てハリウッドの映画へ。
ハリウッド・ナンバーワンのヒットメーカーであるスミス主演&スピルバーグ監督という夢のような映画の原作者に、土屋&嶺岸両氏の名が連ねられることになるのだが……。

« ダイエット奮闘記、第3部 あと10kgになりたいもんだ | トップページ | あぁ、食い道楽 味噌ピーの存在意義 »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。