« ブブ彦日記 猫のプーちゃん | トップページ | トラベル・レポート 長野 黒子豚、拝まれる »

2009年1月 6日 (火)

トラベル・レポート 長野 そのさい銭箱はフェイクだ

初詣に長野県の善光寺に行くという話。
雪が降りしきる中、何処にあるのかもわからない善光寺。
謎のおじさんが指差した方角に進むしかありません。
100mくらい歩いたら、善光寺の入口に到着した。
謎のおじさん有難う。
あんたは嘘つきじゃぁなかった。
境内を覗いて見ても、そんなに混んでいないので、ブブ彦にはこのまま歩いてもらう。
思っていたよりも善光寺は大きく、どこか気品がある造り。
雪が降っている中、初詣に行く様子は”ゆく年くる年”でしか見たことないが、そういう感じである。
なんとも粛々としていて、情緒があって、素晴らしい。
(あぁ、何故にカメラのカードを忘れてきたのか・・・・・、写真で見てもらえば一発なのに・・・・)
本堂に向かう。
ブブ彦を歩かせても問題ない人口密度だし、ブブ彦をみて騒ぐ人もいないので、さい銭箱前までこのまま突っ込もうとすると・・・・・
ガードマンに呼び止められた。
「抱きかかえて下さい。」
「あんた、この豚の重さを知らないから言えるんだ」
と言いたくなったが、いよいよブブ彦がリュックに入る時が来たようで、ちょっとワクワク。
道の外れに行って、ブブ彦イ~~~~~ン。
今度は呼び止められることなく、本堂に入れた。
入ると浴槽くらいの大きさのさい銭箱が置いてあり、深く考える事もなく100円を投げ入れる。
 ・病気が良くなりますように
 ・仕事に就けますように
 ・彼女ができますように
本当はもっと願い事があったのだが、泣く泣く3つに絞った。
3つでも多いのかな?
普通1つにするのかな?
そんな事を考えていると、奥に人が集まっている事に気付く。
どうやらそこが、本当のさい銭箱らしい。
(箱というよりは、プールのようだ)
さっきの浴槽はフェイクだったのだ。
紛らわしい・・・・爺さんと同じようにフェイクの方で拝んでいる人が何人もいた。
たぶんフェイクで願った事は却下されることだろう・・・・
だいたい、52万人も来るのに、さい銭箱が浴槽サイズな訳がないのだ。

明日は仲見世通りで爺さんが拝まれる話。
お楽しみに!

« ブブ彦日記 猫のプーちゃん | トップページ | トラベル・レポート 長野 黒子豚、拝まれる »

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。