“裏” あぜ道通信

  • 偉大なマスター
    ブログ本文には載らない、没写真、ひっそりとUPします。 ネタ晴らし、舞台裏、そういうの、欲しいでしょ?
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« シネマごしっぷ スターの連絡先が流出した | トップページ | あぁ、食い道楽 チーズチーズしたパン、朕は満足じゃ »

2009年2月24日 (火)

トラベル・レポート 北九州 ツアー旅行の罪、宿命?

200902241北九州に行くので旅行代理店で予約を取ってくると書いたのですが、「すまん、ありゃウソだった。」
よくよく考えたら、まだ練らないといけない事が多々あり、旅行代理店には行けなかったのだ。
その後、メンバーと話し合いをしまして、内容を凝縮するような事をしていたのです。
で、先日やっと旅行代理店に行き、無事飛行機とホテルとレンタカーの予約を取りました。

終日フリープランなので、飛行機と宿以外は、全部自分たちで行動しなければならない。
まぁ、お土産屋さんに何度も寄ったり、重要な場所を少ししか見れなかったりする事がツアーでは当たり前なので、フリープランは最高である。

この前新聞に載っていた広島ツアーの予定表を見て愕然としたのだが、「原爆ドーム(車窓にて)」と書かれていた。
あそこは普通の道路脇に建っているので、駐車場などは無い。
それだと脇を通り過ぎるだけで終わりではないか!
ちょっとバスが減速するかもしれないが、1分も見れないだろう。
バスの窓ガラス越しに写真を撮ってもガラスが反射するし、ピンぼけするし、ちっちゃくしか写らない。
そして原爆ドームは見る事ができるプランでも、資料館には行かないツアーがほとんどである。
原爆ドームは被爆の象徴ですが、被爆の詳細までは分かりません。
爺さんのように体調を悪くする人がでたり、目を背けたくなったり、暗い気持ちにもなるが、日本人として、あれは見なくてはいけない、知らなければならないと思う。
「原爆ドーム(車窓にて)」のツアーは翌日、「呉で一日自由行動」となっていた。
一日呉で何をしろというのか・・・・、広島は宮島もあるし、牡蠣、お好み焼きは旨いし、焼け野原から復興した街並みを歩くだけでも感じる物があるはずなのだ。
自由行動にするならば、広島の方でしょ?と思うのだが・・・・・
旅行会社はお土産屋と手を組んでいるから、店に1時間近くいさせられたりする。
お客さんの事を考えていたら、こんなプランはありえないはずなのだが、何かが間違ってるよなぁ。
でも、こういう低料金の弾丸ツアーが無くならないという事は、需要と供給が成り立ってるんだろうな。

爺さんは、パッと有名処を見て終わりのツアーとは、もったいない事をしていると思う。
一度行った土地にまた行こうとは思わないでしょ?
同じ金を遣うなら、違う場所に行こうとするだろうから。
そうなると一度パッと見た観光地が、その土地全ての印象になる。
もったいない。
「何時までに戻ってきてください。」と言われ、「ここからの景色は有名よね。」と本に載ってるのと同じ写真を撮って帰るだけ。
自分が納得するまでその場にいれるフリープランは、同じ物を見ても心の余裕が違う。
ゆとりがあると、感動がまったく違うのだ。
それこそ、木の柱一つ見ても、歴史の息遣いが聞こえてくるような感覚になる。
五感を使ってじっくり体験できる。
そしてその体験は、一生忘れられない物となる。
格安弾丸ツアーとは張り合えないが、普通のツアーとフリープランの旅行は金額が変わらないのだから、ツアーはボッタクリ感がありありである。

そのかわりフリープランは、受動的な人にはオススメできない。
誰も何も用意してはくれないのだ、自分がどれだけ動けるかで、満足度が格段に違ってくる。
石碑があったら、裏に回ってまで何が書かれているかを読みたがるような人。
階段が延々と続いていても、てっぺんからの景色を見ないと気が済まないような人。
有名人物ゆかりの地に行くならば、その人について書かれている本を図書館から借りてくるような人。
積極性、貪欲さがないといけないし、感受性が高い人はなお良い。
用意された物を見るだけと、自分の意思でその場におもむく人と、”感じる”アンテナの感度が違うのは当たり前のことである。

« シネマごしっぷ スターの連絡先が流出した | トップページ | あぁ、食い道楽 チーズチーズしたパン、朕は満足じゃ »

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。