“裏” あぜ道通信

  • 偉大なマスター
    ブログ本文には載らない、没写真、ひっそりとUPします。 ネタ晴らし、舞台裏、そういうの、欲しいでしょ?
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 死んでる?生きてる?居候 | トップページ | ゲームしてみる? ローン地獄 »

2009年2月 1日 (日)

僕とうつ病、闘病記 抗うつ剤、薬を順位付けへ

20090201「薬の種類による差はない」とされてきた抗うつ剤が、効果に30%以上の開きがあることがわかった。
効果と副作用のバランスをもとに薬の順位づけもした。
日本では効果には大差がないというのが通説。
患者の意向や費用などをもとに選ぶよう求めている。
今回の研究で、どの薬を第一選択肢とすべきかが初めて明らかとなり、薬の選択がしやすくなる。
研究には、名古屋市立大のほか、英オックスフォード大やケンブリッジ大、伊ベローナ大の医師12人が参加。
12の薬を対象に、91~07年に世界各国で行われた効き目に関する比較臨床試験を解析。
8週間後の効き方と、副作用のため薬をやめた率を比べた。
効き目だけでみるとミルタザピンが最も高く、レボキセチンに比べて患者に効く率が34%高かった。
日本で承認販売されている薬を比べると、セルトラリンはフルボキサミンに比べ、11%高かった。
その結果、効き目と副作用のバランスがよく、患者にとって使いやすい薬の順番がわかった。
日本では現在、ミルタザピンとデュロキセチンが販売承認申請中のほか、エスシタロプラムなどが臨床試験中。

少しでもうつ病患者の金銭的、精神的に楽になるのなら、助かります。
爺さんは色々と薬を変えてみて、今やっと調子の良い薬が見つかった状態。
今回の話は関係なさそうですが、他の人が楽になるのなら嬉しいですね。

ここ2週間くらい死にたい、死のうと考える事が全く無い日が続いています。
普通の生活をするならば、ほぼ問題なく過ごせます。
僕の感覚ですが、仕事もこの延長上にあって、やっていけるのでは?と思っています。
まぁ、今まで何度も 治った と思い込んでは裏切られ、カウンターパンチを受けてきた経緯があるだけに、楽観視はしませんが、ここ数年で一番調子が良いのも事実。
後は痩せるだけである。

« 死んでる?生きてる?居候 | トップページ | ゲームしてみる? ローン地獄 »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41651/29737415

この記事へのトラックバック一覧です: 僕とうつ病、闘病記 抗うつ剤、薬を順位付けへ:

« 死んでる?生きてる?居候 | トップページ | ゲームしてみる? ローン地獄 »