« ピンポンダッシュで書類送検 | トップページ | ゲームしてみる? 金のスコップGetです »

2009年2月 7日 (土)

シネマごしっぷ エマ・ワトソン露出は控えめ

20090207「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー役で知られる女優エマ・ワトソン(18)が、外見だけで評価されたり、下品なポーズで写真を取られることに抵抗があると語った。

ワトソンは「セクシーでいることって、私にとっては恥ずかしいし困惑する。みんなが私の髪をブロンドにしたり、眉を細くしようとする」とのこと。
「みんなが私のミニスカート姿の写真がほしいのは分かってるわ。だけど、そんなの私じゃないし落ち着かない。私はミニははかないのよ」と発言。

また、ワトソンは、女性が自分を魅力的に見せるために露出度の高い服を着る必要はなく、むしろそういった服は逆効果になると考えているようで、「個人的には、露出度の高い服はセクシーだとは思わない。胸を出して短いスカートをはいて『私を見て!』というのがセクシーかしら? 私の考えるセクシーさはもっと隠すことよ。隠すことで、みんながより想像する。」と語った。

しっかりした娘さんだなぁ、と爺さん。
エマ・ワトソンの事は、特別好きでも嫌いでもないけれど、感心しましたぉ。
ダニエル・ラドクリフも、地に足がついているというか、浮かれてないというか、同じような印象がある。
マコーレー・カルキンとは違うわけだ。(例えが古くてスマン)

« ピンポンダッシュで書類送検 | トップページ | ゲームしてみる? 金のスコップGetです »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。