« ブブ彦日記 小心者?忠犬? | トップページ | あぁ、食い道楽 ゴルゴンと蜂蜜 »

2009年2月13日 (金)

監視カメラがやって来た

20090213散歩道の土手に謎の建造物ができた。
1日でできたらしく、発見したときは、いきなり視界に現れてたまげた。
低めの電柱に、箱が付いていて、てっぺんにはカメラらしき物がある。
いよいよ、犬の糞を回収しない飼い主を見つける為に動き出したか!? と思ったが、カメラの角度がどう見ても、下を向いてない。
それに、立っているのは、この一本だけなので、カメラの視界外ならば、糞はし放題である。

近所のおっちゃんも、何だなんだ?と見に来まして、2人であーだこーだ予想し合ったのですが、どうやら、川の水位を見ているのだろうという結論に至りました。

爺さんが小学校の頃、この川が氾濫しまして、多くの家が床上浸水した事がありました。
2kmほど下流に住んでいるダイおじちゃんの家は、1階が全部水に浸かり、2階からボートで非難した なんて事になりました。
あれから土手の高さが2倍になり、川の周りを掘り下げて、水害に備えるようになりました。
それから川が氾濫する事は無いし、水位が上がって怖い思いをしたという事も無し。
一見安全そうに見えている治水事業ですが、まだ心配している人がいるって事か。
だいたい、このカメラからの映像は何処に行き、どこが監視しているかも謎である。
そして、水位が上がり危険と判断された時、何かアクションがあるのだろうか?

このカメラが出来た事で、かえって不安になったりしている爺さんがいる。

« ブブ彦日記 小心者?忠犬? | トップページ | あぁ、食い道楽 ゴルゴンと蜂蜜 »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。