« デジ物コバナシ typeP狂想曲(10) 焦らし作戦ですか・・・ | トップページ | あぁ、食い道楽 ブルジョアなフォンデュ »

2009年2月11日 (水)

特別な毛穴

この話を書こうかどうか、1年くらい考えたんですけどね、書いてみるかという気持ちになりました。
別にむつかしい話じゃないんです。
鼻毛がですね、伸びますよね、誰でも。
で、鼻毛の手入れをしているとですね、ちょっと規格外の毛が生えている事がある。
普通の鼻毛の太さを1とすると、そいつは2も3もある。
抜いたそいつをいじってみると、全然しならない。
硬さが毛の範囲を超えてるんです。
シャーペンの芯を短く切ったようなイメージで、とにかく硬い。

面白いのは、毎回同じ毛穴からそいつは生えてくるという事。
2~3か月周期で生えてくるでしょうか?
生えてきたことに気付くと、また現れたなと、こっちもちょっと気合いが入る。
何故、毎回同じ場所に生えてくるのか?
栄養が行き届く好立地なのか、毛穴自体が凄い素質を秘めているのか?
シロートには分かりようもないですが、発毛を商売にしている会社のCMを見ると、爺さんの毛穴を調べてほしいと思う。
何故、身体の中で、この1ヶ所だけ特別な毛が生えてくるのか?
その理由も分かるだろうし、会社にしても有益な調査になると思うのだが・・・・
この毛穴の秘密が解明され、頭の毛に応用が効くようになったとしても、あの硬い毛が大量に生えてきたら、かなり大変だとは思うのですが・・・・
でも同じ本数の毛が生えるんだったら、太い方が薄毛は目立たないじゃないですか!
研究させてくれって所、あっても良いと思うんだけど・・・

« デジ物コバナシ typeP狂想曲(10) 焦らし作戦ですか・・・ | トップページ | あぁ、食い道楽 ブルジョアなフォンデュ »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。