« ブブ彦日記 通院、途中経過 | トップページ | 僕とうつ病、闘病記 子供が怖い(2) »

2009年3月22日 (日)

シネマごしっぷ ウォンテッドのCM放送禁止へ

20090322アンジェリーナ・ジョリー主演の映画「ウォンテッド」のDVDリリース用に作られたTVCMが、イギリスで放送禁止になったことが分かった。
「暴力を美化している」というのが禁止の理由だ。

問題となったCMは、ジョリーがカメラに向かって拳銃を発射する映像に、同じく銃を手にしたジェームズ・マカボイにキスするシーンに、「とてつもなくセクシー」という映画評を引用した文字や、「今年最もクールな映画」といった宣伝文句のナレーションが入るというもの。

イギリスの広告基準協議会は、このCMが「銃を使用することがセクシーでグラマラスであるように描き、銃の使用を美化し、暴力を容認するもの」だと結論づけた。
その結果、今後いっさい英国内では放映できないことになったという。

ただ、このCMに寄せられた苦情は1件しかなかったこともあり、配給するユニバーサル側は、「今年最もクールな映画というキャッチコピーでプロモーションを展開してきたが、クレームを受けたことはない」と反論。
また、「男性が主演する映画ではこの種の問題は起こらない。暴力がどうこうではなく、強い女性が主役を張るのを見るのが気に入らないようだ」とのコメントを出している。

銃社会アメリカが映画を作るのだから、拳銃は必ずと言っていいほど登場します。
マッタを出すならば、全ての映画に対して行わないと、説得力が無いよねぇ。
強い女性の映画。
爺さんは好きですがね。
エイリアンとかターミネーターとか。

« ブブ彦日記 通院、途中経過 | トップページ | 僕とうつ病、闘病記 子供が怖い(2) »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。