« 目を開けたままクシャミはできない | トップページ | ゲームしてみる? 環境は最悪!? »

2009年3月25日 (水)

デジ物コバナシ typeP狂想曲(25) 好みの番組が、自動で届く

typePの登場で、兄貴PCは重い仕事専門になったわけですが、TVを録画も仕事の一つです。
兄貴PCには前もって興味のある言葉、人名が登録してあって、それに関係する番組は全部自動で録画するようになっている。
しかし、その番組を兄貴PCで見るのが面倒。
兄貴PCは基本的に触らなくても良いように全自動化させたいのです。
そこで録画をした番組は、同期ソフトを使って、typePに自動で転送するようにした。
いつでも自分の好きな番組だけが送られてくるというワケ。
typePが外出時にネットにつなぐ場合、FOMAの回線を使うのですが、FOMAを使うという事は、自分が世界中どこにいても、日本の番組がtypePに転送されてくるという事です!
これは凄いことだよなぁ。
こういう使い方をしようとは全く考えてなく買ったのだけど、爺さん閃いちゃったんだからしょうがない。
typePがあれば全て事足りるようになってきた。
ますます「手放せないPCへ」となってきた。
良い買い物をしたとしみじみ思う。

« 目を開けたままクシャミはできない | トップページ | ゲームしてみる? 環境は最悪!? »

デジ物コバナシ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。