« 茨城のリーサル・ウェポン | トップページ | シネマごしっぷ 渡辺謙絶好調 »

2009年5月 8日 (金)

デジ物コバナシ 価格10倍のイヤホンを買う

爺さんはtypePを買う時に、ノイズキャンセリングヘッドホンを買わなかった。

ノイズキャンセリング機能とは、周囲の雑音と逆の波長の波を出すことで、音波同士が打ち消し合って聴こえなくなるというもの。
周囲のノイズが聞こえなくなり、再生している音楽などがクリアに聞こえるという物である。
また、単純に耳栓としても使える。

電車に良く乗るような場所に住んでいたら、重宝するかもしれない。
しかしもう電車に乗る事は無い。
パチンコなどをやる人だったら、重宝したかもしれない。
爺さんは負けると、ものすごく後悔するので、ギャンブルはやらない。

爺さんの場合、周囲の音がうるさくてPCでの作業に集中できない って事はない。
昼間一人だからであるし、深夜にゴソゴソと活動するからである。

今使っているイヤホンは100円である。
高い物を使った事が無いので、比べようが無いけれど、100円でも十分良い音質だと思う。
音楽データ自体も、これ以上小さくならないというサイズに編集しているので、ファイルの音質自体も悪い。
イヤホンもファイルも最低の物を使っているが、特に問題は感じない。
流している物が英語関連ばかりなので、あまり音質が関係ないのかもしれないけれど、ビールの味の違いがわからなのと同じで、爺さんは音質の違いにも疎いのだろう。

そろそろイヤホンを買い換えようと思っていたら、コンビニで980円のイヤホンが売っていた。
1000円だから10倍の値段の物を買おうとしているのだから、けっこうな冒険である。
やっぱり良い音させるんだろうか?
楽しみであるが、これで音が変わらなかったら、どうしてやろうかね。

« 茨城のリーサル・ウェポン | トップページ | シネマごしっぷ 渡辺謙絶好調 »

デジ物コバナシ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。