« ゲームしてみる? プレーヤーの俳句 | トップページ | デジ物コバナシ 価格20倍のイヤホン、返品できた!? »

2009年5月16日 (土)

トラベル・レポート 佐賀~長崎 昼食、4連続食べられず、時間が無くなり・・・

鍋島焼きの悲しい歴史を知り、その風情ある景観を楽しんだ一同。
そろそろ昼食の時間である。
前もって爺さんは、行く店を決めていた。
評判の店だ。
しかし、そこに行ってみたはいいが、ドアに張り紙がしてある。
嫌な予感である・・・・
そこには「すみませんが、お休みとさせていただきます」と書かれていた。
広島旅行の時にお好み焼きの八昌が定休日だった大失敗を繰り返さないように、事前に定休日を調べてはいた。
だが今回は定休日とは関係ない休みのようです。
休み無しでゴールデンウィーク中営業していて、それが終わったので、定休日以外の休みをとったようなのだ。
爺さんの下準備を全部否定されたような気持ちになる・・・
しかし、落ち込んだり怒ったりする時間は無い。
早く次の店をさがさなければ・・・

ふと外を見ると、いい感じの和食店がある。
店がでかい。
そこでいいから入ろうとなったのだが、なんと法事の団体客が入っていて、爺さんたちに料理を出せる余裕が無いと言われる。

ネットで他の店を探すと、ここから100メートルくらいの場所にも和食やがある事がわかる。
もう好みに合う合わないなどと言ってられない。
さっそく見せに入ろうとすると・・・・
またも予約で席が空いてないと言われる。

次に街を適当に走り、良さげな和和食店を見つけるが駐車場が満車で車を停められない。
ここも諦めるしかなかった。

時間的には15時には平戸に着いてなくてはならず、昼食を食べる事に固執している場合ではなかった。
飯を食べると、平戸で見る物が見れなくなる。
翌日に見るという事も超過密スケジュールなので、できない。
ここは昼食を諦めて、夜の宿の料理を楽しみにしようという事になった。
車内にある食べ物は、キャラメルと柿の種、バターロールが数個である。
それをメンバーが少しずつ分けて、飢えをしのごうと思ったが、腹が満たされるわけもない。。
キャラメルはすぐに溶けて無くなってしまい、物足りなさを強調する。
辛かった・・・・
食べ物の話は禁句だったが、皆、食事処を目で追ってるのがバレバレエである。
「焼肉はやだ」とか「九州らーめんって、何なんだ」とかポツりと言ってしまうと、一瞬話が盛り上がるのだが、もう何も食べられないのだから、自分の首を絞めるだけである。
ひもじかった・・・・

4連続で食べられないなんてことは、普通有り得ないと話をしていたのだが、この後もう一度食べられない事になります。
つまり5連続になるのですが、この時はそれを知る由も無く、この土地から離れれば大丈夫だろうと思っていた。
それでもまた食べられなくなるのですが・・・その話は後ほど

次回、田平天主堂にて、教会の空気に飲まれる であります。

« ゲームしてみる? プレーヤーの俳句 | トップページ | デジ物コバナシ 価格20倍のイヤホン、返品できた!? »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。