« 僕とうつ病、闘病記 わずかに動ける時間に何をやらせるか | トップページ | 祭りの笛の音を聞きながら・・・あれから20年 »

2009年7月20日 (月)

ダイエット奮闘記、第3部エピローグ プールにて、虚弱になった事を痛感

水着を買い、プールに通うという話。
早速行ってきた。
こんな場所が近場にあったのかという立派な建物。
引きこもりだから何も知らないのだ。

1時間半ほど泳いだでしょうか。
息がきれる。
腕が重い。
でも、水泳はやはり楽しい。
サーフィンでパドリンングする時に、いかに効率よく水をかくかで、色々実験してみた時期があったのだけど、一番よい方法でクロールしたら、腕が上がらなくなりました。
効率のよい水のかきかた イコール 一度でいかに多くの水をかくか イコール 一番腕が疲れる なのである。

ちょっと通うようにして、身体を作らねばなりません。
痩せたとはいえ、今のお腹周りはポヨポヨなので、肉の付く位置をお腹から胸板や腕に持っていかなくては・・・・
今はゴリマッチョ(否ただのポヨポヨ)なので、細マッチョにならなくては・・・
果たして・・・・

« 僕とうつ病、闘病記 わずかに動ける時間に何をやらせるか | トップページ | 祭りの笛の音を聞きながら・・・あれから20年 »

ダイエット奮闘記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。