« ブブ彦日記 乗ってる?乗れてる?はみだしてるって | トップページ | ダイエット奮闘記、第3部エピローグ やっぱり減ってた、まだ減り続けるのか »

2009年8月 4日 (火)

シネマごしっぷ エイリアン5、リドリースコット監督に決定

SF映画の金字塔「エイリアン」シリーズの生みの親であるリドリー・スコット監督が、「エイリアン5」のメガホンを取ることに決まったらしい。

製作には従来通りにリドリー&トニー・スコット兄弟やマイケル・コスティガン(「ブロークバック・マウンテン」「サブウェイ123/激突」)が名を連ねる。
今年5月には32歳の新人CM監督、カール・エリック・リンシュがメガホンを取ることに決まりかけたが、結局のところ、20世紀フォックスの要望通りにリドリー・スコットが監督の座に収まった。

「エイリアン5」は、第1作「エイリアン」のプリクエル(前日談)になるもので、宇宙船ノストロモ号の乗組員らが、エイリアンの卵を発見する以前のストーリーが物語られる。
バラエティ誌によれば、すでにジョン・スパイツ(Jon Spaihts)という人物が脚本家として抜擢されたようだ。今のところ、そのスパイツはまだ完成した作品がないため無名だが、「パッセンジャーズ」や、ディズニーのSF映画「チルドレン・オブ・マーズ」、ソニーではファンタジー映画「ジョージ・アンド・ザ・ドラゴン」を手がけているハリウッド期待の人物らしく、どんなストーリーテリングを見せるのか楽しみにされている。

どんな話になるかワクワクである。
エイリアンって名前だけど、エイリアンは出てこないわけでしょ?
最初の卵を見つける前の話なんだから・・・
SOS信号を受信したところで終わったりするのかな?
羊たちの沈黙の前日談のレットドラゴンの終わり方のように、イキな終わり方を希望します。

« ブブ彦日記 乗ってる?乗れてる?はみだしてるって | トップページ | ダイエット奮闘記、第3部エピローグ やっぱり減ってた、まだ減り続けるのか »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。