« ダイエット奮闘記、第3部エピローグ 空腹時に飲む烏龍茶、これは辛い | トップページ | ブブ彦日記 ブサイク顔で黒い犬は怖いらしい »

2009年9月22日 (火)

トラベル・レポート 新潟 とんでもない鮨と遭遇

新潟に行って、旨い鮨を食べ、旨い日本酒を買ってくるという強行旅行に行ってきました。
口コミで評判で、ここならハズレは無いというすし屋を調べていたのですが、なんと連休中は休みとのこと(残念)
やむえず適当に店を選んだのですが、ここがハズレでした。
洋食屋で修行をしてきた人なんでしょうね。
フォアグラのソテーとか、パスタとかがあるんです。
でも、観光客は新鮮な魚が食べられる和食屋を求めているからでしょう、和食もちょっとだけ食べられるようになっているのです。
食っていくために、やむえず和食をやっている感じで、煮物とかイマイチだった。
ピーマンの煮物ってどうなのよ?って感じ。
刺身定食を頼んだのに、魚のフライがついてきたりと、んんん?という物が出てきます。
せっかく新潟に来たのだから、鮨も頼んだのですが、これがオオハズレ。
舎利の握りがまずダメで、パラパラと崩れてしまうし、酢の調合?が全然なってない。
なんか砂糖の甘さがするのですが・・・・
明らかに素人の握る鮨。
ド素人と言ってもいい。
今まで食べた鮨の中で一番マズイ鮨でした。
でも、新潟に行って「あの時鮨を食べていれば」と後悔するよりは、マズクても食べた方がマシですよね。

明日は酒蔵を訪ね歩く話。
またも新潟を彷徨うことになります。

« ダイエット奮闘記、第3部エピローグ 空腹時に飲む烏龍茶、これは辛い | トップページ | ブブ彦日記 ブサイク顔で黒い犬は怖いらしい »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。